初めての不動産投資 - コラム - 専門家プロファイル

株式会社FPソリューション 
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

初めての不動産投資

- good

 イギリスのEU離脱はびっくりしましたね。世界経済がいっきに不安定になってしまいました。そんな中、不動産の投資用物件の需要が出てきているように感じられます。最近、投資用物件のセミナーも新聞で多く見受けられます。それでは、どんな物件を購入したらいいのでしょうか。

 購入して一番心配なのが空室です。ワンルームを一物件だと収入が0か100になるのでリスクが高くなります。ワンルームの場合には数を複数所有することにより空室リスクをヘッジしたほうがいいでしょう。

建物1棟買う場合には木造、鉄骨造、RC(鉄筋コンクリー)造があります。融資を考えるとRC造のほうが融資を受けやすいです。ただ、木造に比べ価格が高くなります。金融機関の融資期間の目安として法定耐用年数の残存年数になります。法定耐用年数は木造22年、軽量鉄骨造27年、重量鉄骨造34年、RC造47年です。借入期間は空室リスクを考え、なるべく長くして月の支払いを少なくしたほうが安全でしょう。

利回りには表面利回りと実質利回りがあります。

新聞や広告に掲載されているのは表面利回りです。そこから諸経費を引いた実質利回りがどのくらいになるかをよく検討しましょう。その時にローンの利率も考慮にいれ、投資を考えましょう。

例えば、実質利回り3%、ローンの利率2%だと実際の利回りは1%になります。

 

表面利回り=満室時の年間家賃収入÷物件価格×100


実質利回り=(年間収入-諸経費)÷(物件価格+購入時の諸費用)×100

 

<不動産購入のワンポイント>

1、欲を出さない。


2、不動産会社などのセミナーを鵜呑みにしない。貴方のためのセミナーでありません。


3、ワンルームを購入するのであれば、一室ではなく、早く複数室を所有し空室リスク、事件、震災などのリスクを

 ヘッジしましょう。


4、固定資産税、修繕費、リフォーム代などを考慮しておきましょう。


5、購入して終わりではなく、賃貸経営は字のごとく経営です。常に空室リスクに対して考えておきましょう。周りの

 物件より、自分の物件を選んでもらえるかを常に考えておかなくてはなりません。

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

不動産価格下落のウソ―価格変動の要素を正しく理解していますか? 巻口 成憲 - 不動産投資アドバイザー(2015/06/06 16:50)

抵当権の付いている賃貸マンションについて 柳 一幸 - 不動産業(2013/07/10 17:34)

サラリーマンでもできるアパート経営術セミナーのお知らせ 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2012/11/13 18:00)

時に鬼にならねばならない~将来型はこうする(8) 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2012/02/20 18:42)