不動産会社の無料査定 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

永田 博宣
株式会社フリーダムリンク 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産会社の無料査定

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売却・購入成功術
不動産を売却するとき、「不動産会社の無料査定」に申し込む方が多いのではないでしょうか。

これから売却を考えるのであれば、所有している不動産がいったいいくらで売れるのかは非常に気になるところです。

不動産会社もその問い合わせをきっかけに、売却の依頼を受けようと新聞の折込広告やポスト投函などで積極的に宣伝しています。


「不動産会社の無料査定」を申し込むと、不動産会社の人と会って、その不動産を査定してもらうことになります。

査定の報告書を作成してきてくれる不動産会社もあれば、口頭で報告するという不動産会社もあります。


査定価格というのはあくまで売却予想価格です。

その不動産会社が保証しているわけではありません。

売却の依頼が欲しいばかりに高く設定したり、依頼を受けた後スムーズに売却できるように低く設定したり、担当者の考え次第で調整できるのです。

ですから、この査定価格が高いか低いかによって不動産会社を選択するのは得策ではありません。

ただし、数社に依頼して査定価格がそれほど大きく違わなければ、それが売却可能価格帯であることは把握できます。

査定価格というのは、こういうものとしてとらえるとよいでしょう。


査定価格を知ることも大切ですが、それ以上にこの「不動産会社の無料査定」は、あなたにとって非常に役に立つ制度なのです。

なぜなら、このときに不動産会社の営業マンと直接話ができるからです。

そうです、あなたと話をしているこの営業マンこそが、これからあなたの不動産の売却を担当することになるかもしれません。

そうなった場合、購入希望者や他の仲介業者の営業マンと、あなたのために交渉してくれるのです。

彼の態度や話の内容、話し方などを注意深く見ておいてください。

あなたの大切な不動産を売却に導いてくれる担当者としてふさわしいかどうか。


「不動産会社の無料査定」は、売却の依頼をする前に複数の不動産会社の営業マンと会える絶好の機会です。

問い合わせをすれば、向こうから喜んで来てくれます。

そしてあなたは、「面接官として」あなたの不動産売却のための担当者を選ぶことができるのです。

依頼先は、査定価格で選ぶのではなく、担当者で選ぶべきです。

その際には、「お宅の会社に売却依頼をしたら、あなたが担当者になってくれるのですか?」「どのように私の不動産を売却してくれるのですか?」などの質問をしておいた方がより良いでしょう。


CFP®・不動産コンサルティング技能登録者 永田 博宣



最新コラム・バックナンバーはこちら
不動産売却・購入成功術

【相続・不動産コンサルティング】
FP会社フリーダムリンク