住宅ローンの金利はまだ下がりますか? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

FPオフィス クライアントサイド 
福岡県
老後のお金の不安解消アドバイザー
092-716-3487
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
久保田 正広
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの金利はまだ下がりますか?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。

最近は住宅ローンに関する相談を受ける機会が多くなってきています。
その時によく聞かれるのが「住宅ローンの金利はまだ下がりますか?」ということです。

昨日(2016年6月13日)には長期金利(新発10年物国債利回り)がマイナス0.165%となって、先週に引き続いて過去最低を更新しました。
このまま長期金利が下がれば、住宅ローンの金利がさらに下がってくる可能性はあると思います。


さらなるマイナス金利幅の拡大はあるのか

それに今年2月から始まったマイナス金利についても、日本銀行の黒田総裁がデフレ脱却にむけて、ありとあらゆる政策を投入してでもインフレ目標の達成を目指すという姿勢を崩していません。
また、黒田総裁は現時点ではマイナス金利がうまくいっているという判断を示していることなどから、現在のマイナス0.1%からさらに金利が引き下げられる可能性が無いとはいえません。

実際に日本よりも早くマイナス金利が導入された欧州で、欧州中央銀行(ECB)が追加利下げを行ってマイナス幅を拡大した事例もあります。

しかし、その一方で今年1月の日本銀行の金融政策決定会合においては銀行出身者がマイナス金利の導入に反対したため、たったの1票差でマイナス金利の導入が決まりました。
さらにマイナス幅を拡大することは容易ではないことが予想されます。 


マイナス金利は国内景気の浮揚効果が期待できる一方で、銀行の収益にはダメージになります。
金融システムの安定という観点で考えてみても、銀行の経営が不安定になることは望ましくありません。
そのためマイナス金利を長期にわたって継続していくのは難しいのではないでしょうか?

 


完璧を求め過ぎない

私自身はマイナス金利を続けられるのは、長くても3年程度の時限付きの政策であると考えています。
さらにマイナス金利が拡大されて、住宅ローンの金利が下がることを期待してしまう気持ちもわかるのですが、あまり欲張り過ぎないで今のうちに借り入れや借り換えを行ってもいいように思います。

今の金利で借り入れや借り換えを行って、さらに金利が下がった時に「損をした」と考えてしまうタイプの人の心理がこのような質問を生んでいるのだと思いますが、完璧を求めすぎてもうまくいかないものです。

むしろそのタイプの人は完璧を求めるがために判断に迷って躊躇している間に、金利が上昇するなどして好機を逃してしまうようなことに陥りやすいものです。

「何事もほどほどで」くらいのスタンスで考えてもらいたいなと思います。

============================================
【メールマガジン】
お客様の生活に役立つさまざまなマネー情報や、最新の投資環境(マーケット)の情報、
セミナー開催のお知らせなどをお届けしています。
ご登録はこちらから。
http://www.fp-office.com/mailmagazine.html 

【フェイスブックページ】
FPオフィス クライアントサイドのフェイスブックページで
コラム執筆・メディア情報・講演予定などの最新情報をお届けしています。
https://www.facebook.com/fpoffice.clientside/?ref=hl 

ライフプランと資産運用&資産管理のことはFPオフィス クライアントサイドへ
http://www.fp-office.com/

高校中退者などに対して、自分自身の経験に基づいたキャリアアドバイスを書いています。
ブログ【高校不要論】高校中退経験者が語る本音
http://www.not-giveup.com/

ファイナンシャルプランナー
ドロップアウト専門キャリアアドバイザー
久保 逸郎

〒810-0073 福岡市中央区舞鶴1-8-26 グランパーク天神C棟1028
TEL:092-716-3487
FAX:092-716-3488
ikubo@msg.biglobe.ne.jp
 ============================================

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(福岡県 / 老後のお金の不安解消アドバイザー)
FPオフィス クライアントサイド 

90歳まで安心のライフプラン

「90歳まで安心のライフプラン」を合言葉に、これまで500軒以上のライフプラン相談の実現をお手伝いしてきた豊富な経験に加え、銀行などで1000回以上の講演を行ってきた実績を持つ資産運用のプロ

092-716-3487
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

住宅ローンの金利引き下げ 松山 陽子 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/04 23:47)

【住宅ローンの専門家がチェック!】貴方の住宅ローンの資金計画・借入計画をプロが診断! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/04/01 13:00)

【住宅ローンのプロが診断】これから購入する住まいのローンは大丈夫?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2014/06/10 20:00)

【契約前必見!】これから買うマンションや戸建ての住宅ローンは最適か? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2014/05/13 12:00)

【プロが診断!】これから購入するマンションや戸建ての住宅ローンは大丈夫? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2014/04/08 10:00)