◇土地売却益への重い課税が復活するかも? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

◇土地売却益への重い課税が復活するかも?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
法人税
【法人と個人の税金対策に役立つメルマガ】

 法人が、土地を売却して売却益が発生した場合
その売却益に対して、一般の法人税以外に追加で
課税するという制度が実はあるんです。。。

(これを一般的に土地重課といいます。)

 これは、バブル経済時期に投機目的の土地売買を
抑制するために出来た税制です。

 ところが、バブル経済がはじけて以来この税制は適用を
停止されていました。

 その期限が、平成20年12月末です。つまりあと2ヶ月で
適用停止期限が終わります。

 これに対して、土地の投機目的の売買が現状では
ほとんど無いことを背景として、
このまま適用停止を延長するべきであるという考え方があります。

国土交通省が期限延長の要望を明らかにしています。
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/h21kaisei/kokudokoutsu/21m37.pdf

(上記URLをすべてコピーしてブラウザに貼り付けしていいただくと、
国土交通省が公表している書類のPDF画像がご覧いただけます。)

 今のところ、平成21年度の税制改正でこの点がどのように
扱われるのかが明らかになっていません。

 今年から来年にかけて、事業承継関連税制が注目を
浴びていますが、こういう改正点も重要ですので
ご注意ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 http://www.marlconsulting.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「法人税」のコラム