住宅ローン控除の改正案にご注意!!! - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン控除の改正案にご注意!!!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
所得税
麻生政権の来年度税制改正の目玉のひとつに
『住宅ローン控除の限度額を600万円に!!!』

と、いうのがありますが。
これを誤解していらっしゃる方が意外と多いので
簡単にコメントさせていただきます。

まず、誤解で多かったのが
『来年住宅を建てると、来年度以降で所得税が累計で600万円還付される』
と、いう内容です。

これは、厳密には間違っています。
つまり、全員が600万円還付されるわけではありません。


確かに、600万円の還付を受ける方もいらっしゃるでしょう。

来年度の住宅ローン控除に関する税制がどのように改正されるかは
まだ、不明ですが

例えば10年間にわたって、ローン残高の1%の所得税控除が
あるとすると、。。。

単純に考えても、最低でも6000万円以上のローン残高が
必要で、それらに頭金などを考慮すると

7000万円以上の物件を購入しなければなりません。

ですから、『住宅ローン控除の限度額を引き上げる』と麻生政権はコメントしていますが。。。
果たして、どの程度効果があるのでしょうか。。。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

http://www.marlconsulting.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「所得税」のコラム