木造耐火建築物 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

M設計工房 主催
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

木造耐火建築物

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般

木造軸組工法による耐火建築物設計講習会を受けてきました。

大きな施設関係の建設が多いのかと思いきや

都心の住宅が最も多く建設されているそうです。

 

メリットは

・工期の短縮、建物の重さの軽減、

地盤の良くない地域での杭や地盤改良への負担減、

RC造や鉄骨造よりコストが軽減されることでしょうか。

 

注意しなければならない点は、

・それぞれの部位により、耐火構造認定がされているので、

その仕様で施工しなければ耐火建築物とならないこと。

・計画のモジュールも910mmではなく、1000mmでおこなうこと。

・荷重も重くなるので、耐力壁計算も考慮する必要があること。

 

木造で住宅を建てたいと思う人にとっては、とても良い工法です。

東京オリンピック2020でも木を使ったスタジアムになるようですので、

これからは木造耐火建築物を防火地域や大規模建築物でも検討する人が多くなるでしょうか。

 

M設計工房 三竹忍

 

 

M設計工房は、"価格以上のクオリティ"を心がけています。

家のクオリティを左右するのは、素材や設備の品質だけでなく

”ライフスタイルデザイン”が重要な要素。

暮し手のライフスタイルを活かし、自然と住環境を繋げ、家族の心の中に、

ほんのりと温かい小さな光のような、彩り豊かな家づくりを提案しています

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
M設計工房 主催

ライフスタイルをデザインにする、感動と永く愛される家づくり

4つのテーマ「知恵工夫デザイン」「家事機能を考える」「自然の力」「家族を繋ぐ」を考え、建主の希望と良い部分をデザインに反映させた、ライフスタイルからの家づくりをしています。季節を喜び、生活を楽しみ、安心して暮す為、一緒に創っていきましょう。

このコラムに類似したコラム

木組の家・登梁の家 佐藤 宏尚 - 建築家(2011/10/26 16:02)

Pike 定例22  検査 嶋崎 眞二 - 建築家(2011/07/19 12:07)

「住宅ができるまで」12-地縄と基礎 廣部 剛司 - 建築家(2010/12/07 15:00)

【いまいづみ幼稚園未来館】竣工しました 西島 正樹 - 建築家(2017/06/19 17:49)

【シェルハウス】雑誌に掲載されました 西島 正樹 - 建築家(2017/04/20 18:24)