「山海塾」公演に見る舞踏の世界 #1 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「山海塾」公演に見る舞踏の世界 #1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
メディアと映画、ずっと楽しい関係。 イベント演出の進化形
山海塾です、
白塗りです、
暗黒舞踏(あんこくぶとう)です〜、

どろどろどろ〜、

すでに「暗黒舞踏(あんこくぶとう)」と言う言葉すら、過去のコトバという感じとなり、
知らない人も多いかと思います。

クリエイティブ・ディレクター、エスオープランニング、山藤(サンドウ)です。
ということで、
山海塾(さんかいじゅく)公演、に行ってきました。

場所は、世田谷区のパブリックシアターです。

今回の公演は、「時のなかの時-とき」という作品です。



ステージは、
シンプルな構成で、巨大な壁が七枚、ステージ中央を囲んで設置されています。
そして、上空には、シルバーのサークルが象徴的に置かれている構成です。

山海塾のダンスは、いつもシンプルな中に緊張感が漂っている不思議な世界です。

山海塾と出合ったのは今から10数年前、


山海塾の舞踏手、天児牛大(あまがつうしお)さんの存在に魅了されてからです。
それから、
山海塾のもう一人の伝説のダンサー滑川五郎(なめりかわごろう)さんとの出会いからでした。

「時のなかの時-とき」にお話をもどします。

パフォーミングアート、ダンスパフォーマンスの構成は、



1 山海塾の舞踏手全員によるパフォーマンス
2 天児牛大さんによるソロダンスパート
3 会場構成と一体的に表現される大地に広がる演出
の3点にあると思います。


山海塾の舞踏ダンスは、いつも静寂のなかで始まり、そしてまた静寂のなかに還るスタイルです。
都会の喧騒をのがれて、しばし、「時のなかの時-とき」にひたります。

つづく

山海塾紹介サイト1:FERIC

山海塾紹介サイト2:SHIFT