椎間板変性を予防しよう! - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

あきカイロプラクティック治療室 副院長
カイロプラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
市原 真二郎
(カイロプラクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

椎間板変性を予防しよう!

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
腰痛・神経痛
背骨は、小さな骨がいくつも積み重なって、成り立っています。小さな骨は「椎骨」(ついこつ)と呼ばれ、首から腰まで連なっています。この椎骨は、首の部分(頚椎)は7個、背中の部分(胸椎)は12個、腰の部分(腰椎)は5個あり、いわゆる「骨盤」の一部である「仙骨」(せんこつ)という骨に乗った状態になっています。

この各椎骨の間に、椎間板ヘルニアでおなじみの「椎間板」があります。この椎間板は、外傷や加齢などで変性しやすくなりますが、もともと背骨にある「S字カーブ」が損なわれた結果、椎間板に問題が出てしまうこともあります。

椎間板が変性すると、必ずしも症状が出るとは限らないのですが、なるべく椎間板を正常な状態で維持し続けたいものです。椎間板の変性は、生活習慣、ライフスタイル、仕事内容、姿勢の変化での負荷、ストレスなどにより進行する場合がありますので、ご自身での予防も十分に可能であるということです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
あきカイロプラクティック治療室 副院長

快適な状態で日常生活を送ることが、どれだけ楽かを伝えたい

何が原因でつらい症状が出てしまうかをご自身がお気付きになることが、施術を進めていく上でのポイントになると考えています。私の経験した「神経の働きが良くなるとこんなに楽になるんだ!」という感動を、多くの方に知って頂きたいと思います。

カテゴリ 「腰痛・神経痛」のコラム

尾骨の痛み(2008/02/05 20:02)

手や足のしびれが心配!(2007/12/02 17:12)