◇耐用年数変更の影響額試算済んでますか??? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

◇耐用年数変更の影響額試算済んでますか???

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
法人税
【法人と個人の税金対策に役立つメルマガ】

『機械及び装置』の法定耐用年数が、大幅に見直されたことは
ご存知でしょうか?

平成20年4月1日以降始まる事業年度から新しい耐用年数が
適用されます。
(ただし、個人の所得税に関しては平成21年1月1日〜適用です)

高額な機械を多く使用している製造業の法人の決算書には
もしかしたら、大き影響を与えるかもしれません。

まず、個々の『機械及び装置』が新しい『耐用年数表』に
掲げられている『設備の種類』のいずれに該当するのかを
判定しなければなりません。

これは、その『機械及び装置』がどの業種用の設備に該当するのか
によって判定することになります。
また、この場合の業種の判定はおおむね『日本標準産業分類』
の『中分類』に従うことになります。

具体的には、
自動車部品製造業の法人の従業員給食のための厨房設備は、
『飲食店業用設備』に該当すると判断されます。
(出典:国税庁HP)



今まで、減価償却費を決算書作成時に一括処理していた
法人の場合、今回の耐用年数の変更により減価償却費が
思わぬ数字になるかもしれません。

顧問税理士の先生と相談して、早い対応をしたほうが
いいかもしれません。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

http://www.marlconsulting.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「法人税」のコラム