収納から始めるインテリア入門 ③ - 収納方法・テクニック - 専門家プロファイル

インテリアコーディネーター 
愛知県
インテリアコーディネーター
052-971-4707
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:整理収納・ハウスクリーニング

片付けプロモーター 渡部亜矢
片付けプロモーター 渡部亜矢
(収納アドバイザー)
収納ドクター@長柴美恵
収納ドクター@長柴美恵
(リフォームコーディネーター)
宮崎 佐智子
(自分整理ナビゲーター)

閲覧数順 2017年08月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

収納から始めるインテリア入門 ③

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 整理収納・ハウスクリーニング
  3. 収納方法・テクニック
収納から始めるインテリア入門

なごやか市民教室での講演内容を編集し5回に渡りご案内いたします。(3/5)

3.玄関周りの収納  今回は扉を開けます 

先回、書き出した内容を見て、『分類の方法』をなんとなくイメージします。

・      使う頻度で分ける

・      用途で分ける

・      人ごとに分ける

・      重要度でわける

・      季節で分ける

・      重さ・大きさで分ける

・      好みで分ける


分け方のルールはご家族にもわかりやすいように、場合によっては、

大きく場所を決め、本人のルールに任せることもOKです。


◎玄関に行きます。

冷静に棚を見てください。一気に全部取り出すと収拾がつかなくなります。


1.土間と収納の扉の開き方を見て、一番取り出しやすい高さと位置をみつけます。

それが、縦のこともあれば、横一列のこともあります。

引き戸なら両端からです。開きの扉なら中央になります。

シューズクロークのオープン棚なら 靴を履く近くが優先です。

まず、使いやすい位置を選び、そこに有る物を取り出してください。

全開の状態で全部出し、端から入れてしまうと、出しにくくなります。

先回、書いたリストの中で よく使うものから入れていきます。

人ごとにわけるのなら、その人の良く使うものからです。

又、作業の途中でも、分類方法は意識してください。


2.頻度の高いものをまず入れたら、あとはそのまわりから取り出します。

取り出した物をリストと合わせ区分します。

ここでも取り出しやすさで優先する物を決め入れていきます。


3.収納しきれなかったものは、優先度は少ないので重ねる、まとめるで、収納します。

日常のものは重ねないように・・・出しにくい、仕舞うのに手間のかかる入れ方は、

使用頻度が高いほど 元に戻さずそのままになっていきます.


4.空きスペースができれば靴以外の収納品を考えます。

  

日常のものは重ねないように・・・出しにくい、仕舞うのに手間のかかる入れ方は、

使用頻度が高いほど 出したらそのままになっていきます。


◎いつも使うものが、使いやすい場所へ最優先です。すべての収納の基本です。


次回は、捨てることについて考えます。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(愛知県 / インテリアコーディネーター)
インテリアコーディネーター 

受け取ったメッセージを[インテリア]の形にします。

一般の方、異業種の方にもインテリアに感心を持っていただけるよう提案していきたいと考えています。インテリアコーディネーターの仕事も細分化していますが、空間全体のバランスを考え、TOTALで御提案いたします。

052-971-4707
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「収納から始めるインテリア入門」のコラム

このコラムに類似したコラム

収納から始めるインテリア入門 ② 坂野 民枝 - インテリアコーディネーター(2016/04/06 09:10)

収納から始めるインテリア入門 ⑤ 坂野 民枝 - インテリアコーディネーター(2016/04/10 10:34)

収納から始めるインテリア入門 ④ 坂野 民枝 - インテリアコーディネーター(2016/04/09 09:16)

収納から始めるインテリア入門 ① 坂野 民枝 - インテリアコーディネーター(2016/04/05 18:52)

「Seriaですっきり 整理・収納インテリア」発売♪ 収納コンサルタント 岩佐弥生 - 収納アドバイザー(2015/04/13 19:36)