いまさら聞けない大人のマナー アフタヌーンティー - マナー教室 - 専門家プロファイル

桜ことスクール 代表
東京都
国際マナー専門家
03-4455-3458
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いまさら聞けない大人のマナー アフタヌーンティー

- good

  1. スキル・資格
  2. マナー
  3. マナー教室
マナー&メイク&立ち居振る舞い 

こんにちは!

 

桜ことスクールの松井千恵美です。

 

 

 

いまや大人気のアフタヌーンティー。

 

 

ホテルでも昔は平日で30セットだったのが

 

 

いまは平日で100セット出るとか。

 

 

アフタヌーンティーが日本に来たばかりの時、

 

 

マナーも結構うるさかったのです。

 

 

.

今はどうでしょう?


アフタヌーンティーは社交の場でもありますから、同じ人とだけ

 

 

会話をするのではなく、なるべく多くの方と会話を楽しみます。

 

 



小さなラウンジテーブルや低いテーブルを使用するため

 

 

サンドイッチ、スコーン、ケーキ等は3段重ねの

 

 

ティースタンドに乗せられて供されます。

 

 



テーブルが低いので紅茶はソーサーごと持って飲みます。

 

 

テーブルの高さが高い場合はカップだけ持ち上げてもかまいません。

 

 



カップを持つ時は取っ手に指を通さずにつまむように持ちます。

 

 

女性が美しく見えるためです。

ティーフーズを食べる順番は、サンドイッチ→スコーン→ケーキ

 

 

の順番でいただくのがマナーです。

 

 



全て一口でいただくようにします。

 

 

そのため大きめのサンドイッチやケーキは

 

 

ナイフとフォークが添えられていれば一口大に切って頂きます。

 

 

ただし、スコーンはナイフで細かく切ったりせず手で横に割り

 

 

クロテッドクリームやジャムを付けていただきます。

 

 



また、アフタヌーンティーといえばきゅうりのサンドイッチが

 

 

有名ですが、実は「きゅうりは富の象徴」とのこと。

 

 



イギリスの気候ではきゅうりは栽培が難しく高級品で、

 

 

広大な領地を持つ貴族は自分の農場に温室設備まで整えて「きゅうり」を栽培してました。

 

 



そこで収穫したきゅうりをパンに挟んでゲストをもてなすことは、

 

 

広い農園を維持出来るだけの財力を持っているということを示し、

 

 

19世紀から20世紀の初めにかけて、「きゅうりのサンドイッチ」を

 

 

食べることは上流階級の証だったとのこと。

 

 




日本のアフタヌーンティーできゅうりのサンドイッチを

見ることは少なくなりましたが、分かると楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 国際マナー専門家)
桜ことスクール 代表

礼儀正しさ、心遣い、品格を身に付ける世界に誇れるマナー習得

CA養成スクールでメイク・立ち居振る舞い等の講師実績を持った、お琴の家元が教える、大人のためのマナースクール。日本の伝統的な作法と国際マナーを体系的にまとめたメソッドで、その人の魅力を引き出し、美しさと品格を身に付けるマナーを教えている。

03-4455-3458
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「マナー&メイク&立ち居振る舞い 」のコラム

伝統文化賞を受賞しました(2017/04/03 22:04)

人を引き付けるマナー(2017/04/02 23:04)

このコラムに類似したコラム

3月20日(月)21時30分 NHK「趣味どきっ!」に出演しました。 松井 千恵美 - 国際マナー専門家(2017/03/21 11:36)

マイナビ掲載⑦「プロに学ぶマナー講座 - スープの正しい飲み方」 松井 千恵美 - 国際マナー専門家(2015/06/25 11:14)

マイナビ掲載⑤「プロに学ぶマナー講座 - フォークやナイフの正しい使い方」 松井 千恵美 - 国際マナー専門家(2015/06/23 20:58)

マイナビ掲載② 「プロに学ぶマナー講座 - レストランでの着席の仕方」 松井 千恵美 - 国際マナー専門家(2015/06/19 08:53)

「もう一度会いたくなる」人間関係を良くするマナー 松井 千恵美 - 国際マナー専門家(2017/04/01 23:39)