景気か、物価か - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
池田 弘司
(生命保険アドバイザー・ITコンサルタント)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

景気か、物価か

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ニュースコラム ニュースコラム

3月10日、ECB(欧州中央銀行)は追加の金融緩和策パッケージを決定。

政策金利は、0.05%から0%に引き下げられました。

 

3月は各国の政策金利に中銀の苦悩が表れました。

10カ国における変動幅は以下の通りです。

 

■政策金利の変動幅

-0.25 ニュージーランド

-0.25 ノルウェー

-0.05 欧州

0.00 日本

0.00 米国

0.00 イギリス

0.00 カナダ

0.00 オーストラリア

0.00 スイス

0.25 南アフリカ

(出所)各国中銀より作成

 

10カ国中、様子を見たのは日本を含め6カ国。

これに対し、ECB以外にも2カ国が引き下げを行いました。

ニュージランドはやや事前予想外であるものの、物価の低迷懸念などから引き下げを実施。

ノルウェーは景気後退防止のため利下げを実施し、さらなる追加引き下げの可能性まで言及しました。

 

10カ国中、唯一利上げを行ったのが南アフリカ。

2016年の実質GDP成長率予想は前年比0.8%で、かつての勢いはありません。

ところが1月の消費者物価指数は前年比6.2%で、物価目標(上限)である6%を上回りました。

政策金利を引き上げれば物価上昇は抑制できますが、経済も引締められるため難しい選択になります。

南アフリカは他国が景気後退を最も懸念する中でも、インフレ対策を迫られました。

 

現状の日本では物価が上がり過ぎることに対し懸念を持つ必要性は低いですが、火事が起きればまずそこから逃げようとする恐怖心理が働きます。

火勢が強く手が付けられないのか、ぼや騒ぎなのか、日々情勢を見つめ慣れておく必要がありそうです。

 

 

☆貯蓄率141.0%の学資プラン -5歳以下のお子様限定!-

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ニュースコラム」のコラム

お酒は1〇歳から?(2017/08/18 09:08)

ペット・ホース(2017/07/28 09:07)

円安再進行の足音(2017/07/21 09:07)

このコラムに類似したコラム

ドッカンターボとオーバーシュート 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/11/18 09:00)

4,505%のインフレ予測、ベネズエラ 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/11/11 09:00)

サボテンとブラジル 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/10/21 09:00)

紙を支配したジェノヴァ人 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/09/23 09:00)

世界金融、2015年と2016年の二極化 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/01/08 09:00)