国産の換気システムはダメ! - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国産の換気システムはダメ!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
現場から大地に還る家を考える 晴耕雨読の家
高断熱・高気密住宅は「断熱」「気密」「換気」「暖房」を4点セットと考えている。

「気密」はそもそも高断熱による壁内結露を防止するために必要とされたものだが、
この「高気密」によって「正しい換気」が可能となった。

では、「正しい換気」とは何だろう。

それは、クリーンゾーンから新鮮空気を取り入れ、ダーティゾーンから排気すること。

法改正によって義務付けられた24時間換気は、規制しきれないVOCを機械換気で担保しようという発想である。

では、VOCを全く含まない規制対象外の材料のみで家を建てたら24時間換気は必要無いのだろうか?

しかし、改正基準法ではそうなってはいない。

換気はVOCの如何に関わらず、我々の健康にとって基本的に必要なものだからである。

あとはそれが「機械換気」でなければならないか? という問題である。

ここで採用しているのはスゥエーデン製の排気型24時間換気システム。

換気の歴史の浅い国産の物はまだ信頼性が低いので使わない。