劣化しないサヤ管ヘッダー方式 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

劣化しないサヤ管ヘッダー方式

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
現場から大地に還る家を考える 晴耕雨読の家
もう随分前から給水給湯には「サヤ管ヘッダー方式」を採用している。
ヘッダーから給水、給湯箇所まで途中で分岐することなく一本一本引いてゆくので、やたらと配管の本数が多くなるが、
架橋ポリエチレン管は半永久的に劣化の心配がなく、一度ヘッダーに接続されると抜く事はできないから水漏れの心配もない。
メンテナンスフリーなので点検の必要もないのだが、ヘッダー部分には一応、点検口を作っておく。
(給水管にはブルーのカバー、給湯管にはオレンジのカバーが付いている)