生命保険の更新時期が近づいているのですが・・ - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険の更新時期が近づいているのですが・・

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
生命保険
いつも楽しく拝読しています。私は兵庫県在住です。

早速相談させて頂きたいのですが、
主人の生命保険の更新時期が近づいています。
主人(36) 私(38) 子ども(10 5 3)です。

主人の年収は470万ほど。私は去年の秋までは勤めていました。
また、パートに出るつもりですが、現在専業主婦です。

主人の現在の保険内容は
死亡時・要介護状態で年金250万×15回
(5年ごとに下がり10回まで)
入院 8,000円(癌の場合15,000円)
ほか死亡時の一時金や特約もあります。月額22,569円です。
更新すれば23,616円

それを
死亡時・要介護状態で年金320万×15回(持続)
入院 10,000円(癌の場合17,000円)
特約や死亡一時金はほぼ同じ。
先進医療による療養を受けた場合通算500万の特約もつきます。
月額25,193円(ただし10年満期)

保険料は主人の年収や子どもの教育費を考えて
これ以上上げられません。
しかし末っ子が独り立ちする年齢まではまだ20年あります。
10年満期だと10年後には倍以上の保険金になります。
そこで相談させて頂きたいのですが、

1.今の条件のままで継続して、ほかの保険を追加することを考える。
2.新しい条件で10年間継続して、10年後にどうするか考える。
3.もっといい案はあるのでしょうか?

子どもの多い家庭にはまだまだ負担が大きいのが現実ですね。少子化が続くのもよくわかります。
主人に相談しても真剣に取り合ってくれません。煮え切らない返事ばかりで・・・

良きアドバイスをぜひ、お願い致します。


 夫(36)、妻(38)、子ども(10、5、3)で、夫の年収470万円ほど、またパートに出るつもりだが現在専業主婦。

 貯蓄の方は大丈夫でしょうか?老後の資金計画は大丈夫でしょうか?

 究極の選択ですが、25年後、1500万円以上貯まっている予想がつくのであれば、今、この生命保険料を払っても良いですが・・。

 あとは、妻が稼ぐ、60歳以降もバリバリ働く。これを前提に、今の条件のままで継続して、ほかの保険を追加することを考える。

 保険の増額の気持ちはわかりますが、収入アップも同時に考えましょう。死亡のリスクもありますが、長生きのリスクも気にする必要があります。