郵便局で、払い済みか解約かを相談しました! - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

郵便局で、払い済みか解約かを相談しました!

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
生命保険 学資保険
昨日、郵便局に行き、
学資保険の払い済みまたは解約を相談しました。

すると、私の学資保険を払い済みにするためには
あと60万程度足りず、2009年10月にその年の保険料を
払い込んだ時点でしか払い済み変更できない
と言われました。

私は学資保険の最低保障金額は
50万だと思っていたので今年の10月に条件を満たすと考えていたのですが、
私の入った育英学資保険の最低保障金額は100万だったのです。

あと3年間保険を継続して
保険料を払い続けるのは嫌だったので、その場で解約しました。

 やはり金融機関が損をしないようにできているのですね。

 少ない払い込みで、満期にちゃんと元本以上にお金を返してくれるとは思えなかったのですが、学資保険の最低補償金額とは気づきませんでした。

 やはり、住宅ローンも保険も不動産もそうですが、長期の契約になるものは購入するときに後悔しないようしなければなりませんね。

 ちなみに我が家は、子供の保険は国民共済のキッズ、教育資金の積立は個人向け国債を利用しています。

 保険は保険、貯蓄は貯蓄で考えたほうが良いですよ。

 セットでお得なのは半ちゃんラーメンセットだけだと、私は思っています。