転職マメ知識2−転職の面接官は素人? - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

藤崎 葉子
株式会社サクセスボード キャリアカウンセラー
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
竹間 克比佐
竹間 克比佐
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

転職マメ知識2−転職の面接官は素人?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
転職支援 転職マメ知識
先日、知り合いの営業マンの方と
お仕事でお話をしていたら、

同じ営業部の中途採用の面接をしているが、
今までに経験が無いので、何を聞いていいかわからないし、
聞いてもどう判断すればよいかわからない・・

と悩んでいらっしゃいました。

そうなんです、中途採用の場合、
新卒採用と違って、
人事面接がメインではなく、
実際に働く部門のリーダー格の社員や
その部門の課長などが面接をする場合が多いのです。

『転職』での面接官が、”素人”と
言われてもしかたがない背景がここにあります。

しかし、これはある意味、理にかなっていて、
社会人として、ビジネスマン&ウーマンとして
一人前になっている方々であれば、
あとは、現場の仕事をスムーズにできるかどうか、

実務的な視点を重視して配属先部門の人が面接
したほうが良いジャッジができるからです。

特に外資系企業やベンチャー企業では、
人的リソースも含め、売上責任全体が
事業部門の責任は部門長に一任されている
場合が多いです。

とはいえ、その会社の定義する人物像へのマッチング、
将来一つの部門ではなく異動や昇進をイメージできる
人材かどうかも見極める必要もあるので、
人事担当者が内定までのどこかの段階で面接する場合がほとんどです。

面接を受ける側の皆さんは、
転職の面接は、新卒採用の時の面接とは
まったく違うものと思っていただいたほうが
良いと思います。

第二新卒の方は、新卒時に近い面接をする場合も
ありますが、そうでない一般的な中途採用の場合は
一人前のビジネスマン&ウーマンとして

明日から一緒に仕事ができそうか相手に
イメージさせるよう、ご自分のキャリアに
自信を持ってアピールすることが重要です。

さきほどの営業マンの方には、
私がたまたま一緒に打ち合わせした際に
簡単に面接とチェックポイントだけお伝えしました。

面接官が少々たどたどしくても
動揺せず、必要以上にがっかりせず、
『一緒に働きたい』
とお互いに思えるか、をゴールに
お話を進めてみてくださいね。