「いきなり物件探しから始める失敗パターン」パート2 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年07月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「いきなり物件探しから始める失敗パターン」パート2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売買に役立つ基礎知識 購入編
物件探しを始める前に知っておきたいこと。

それは、不動産広告は【仲介会社】が広告を出稿しているということ。
分譲会社や売主が直接広告を掲載していることはありません。
(※新築のマンション、一部の物件を除く)
(※特に都内の物件です)

仲介会社がレインズ(不動産データベース)やアットホーム(業者用不動産情報)
から問い合わせがありそうな物件をピックアップして、掲載します。

ですので、同じ情報が数社で掲載されていることもよくあります。

言い換えれば、どの会社からでも同じ情報を得られるということです。

・新聞折込チラシ
・住宅情報誌
・不動産のポータルサイト
など、どの媒体の情報も同じです。

情報元(売主)は1つですが、仲介会社は無数にあるわけです。

とすると、あなたならどの会社に問い合わせをしますか?


どこでも一緒ではありませんよ。



その仲介会社によってあなたの住宅購入は大きく左右されます。

そのワンクリック、一本の電話が不幸の始まりになることもあるのです。

不動産のポータルサイトからすぐに問い合わせをせずに
まず、その会社のホームページを必ず見ましょう。

どのような会社なのか、どのようなサービスをしているのか
利用されたお客様の声などチェックしてみてください。

また、どのような会社なのか確かめるには便利な
不動産会社の口コミ、評判のサイトもあります。

    物件よりも問い合わせをする会社選びが大切です



もし、評判の悪い会社なら問い合わせをしないほうが良いでしょう。