税理士事務所の作業量 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税理士事務所の作業量

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は漫画の日です。
最近では暗殺教室に家族でハマり中。

税理士選びについてお話をしています。
顧問料がどのように決まるのかについて、いくつかの要素をご紹介。

まずは作業量です。
税理士事務所側でどれくらいの作業をする必要があるのか?ですね。
これはお客さんによってまっっっっっったく異なります。

同じ3,000万円の売上だとしても、職種が異なれば処理の量は劇的に違います。
飲食店なら細々した売上を経理するでしょうし、製造業などでは売上が月に1回しかないようなことも珍しくありません。
かと思えば細々した部品の仕入があって…ということもあるかも。

預かる資料の量や作業量が多ければそれだけ顧問料が高くなる傾向にあることは間違いありません。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

同時性(2017/08/15 07:08)

今後の論点(2017/08/14 07:08)

このコラムに類似したコラム

脱税と税理士 高橋 昌也 - 税理士(2016/03/25 07:00)

脱税の方法 高橋 昌也 - 税理士(2016/03/23 07:00)

不正 高橋 昌也 - 税理士(2016/03/22 07:00)

お付き合いが終わった事例 高橋 昌也 - 税理士(2016/03/14 07:00)

人から紹介をされると・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2016/03/07 07:00)