不動産事業にアートという付加価値 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産事業にアートという付加価値

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営戦略
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は差別化についてのお話です。

厳しい競争が続く不動産業界ですが、ちょっと変わった取り組みを見つけました。
http://www.land.jp/museum/index.html

「アート」をテーマにして、公共施設である美術館と民間企業が協働で事業を行うというものです。

このプロジェクトの目的は「地域社会への貢献」「商品の独自性向上」と記されていますが、ポイントは「地域社会への貢献」の方が上に記述されていることでしょう。

企業の短期的な収益という観点では「商品の独自性向上」による差別化がポイントになってくるわけですが、もっと長期的な視点で捉えていることを示しているのでしょう。

実際様々なイベントを行ったり、体験型アートスペースを展示したりと、地域住民に対して貢献する姿勢を明確に打ち出しています。

長期的な視点で差別化というものを捉え、地域や社会貢献といったことも考慮しながら差別化を進めていく。

景気に左右されない強靭な企業体質を作り上げていく上で、このような考え方は参考になります。

実践ビジネスプレゼンテーション講座開催のお知らせ
http://blog.goo.ne.jp/susumuhasegawa/e/2b59709074b881d033f2482d237d91a0

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

多面的な見方(2016/12/07 09:12)

世代交代(2016/11/17 09:11)