3大疾病保障特約付き住宅ローン - 保険選び - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

3大疾病保障特約付き住宅ローン

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
保険 生命保険
最近、金融機関の窓口に行けば特に良く目にするのが「住宅ローン」のポスター。銀行にとって1番メリットがあり総合的に儲かるのが住宅ローンですよね。

その中でも、最近、流行りの「3大疾病保障特約付住宅ローン」は、死亡や高度障害状態以外に、「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」にかかり所定の要件を満たせば保険金でローン残額を清算できると言う事を売りにした商品です。ただ、団体信用生命保険の保険料の様に無料かというと、そういう訳ではなく、別途、毎年の借入残高の0.2〜0.3%程度の特約保険料が必要です。

又、一部の金融機関の説明不足で良く勘違いされているのが、この特約さえ加入していれば3大疾病になれば、即、ローン残高が清算されると思っている方が多く居ます。実際にローンが清算されるケースを大まかに記載すると、がんの場合は、「上皮内がん」を除くがん診断が要件となります。又、急性心筋梗塞と脳卒中は、60日以上労働制限を要する状態などが続いたという医師の診断が要件となっています。これは、私達、業界人ならスグに分かるのですが、かなり厳しい条件と言えますね。

実際に住宅ローンを借りる際には、詳しく金融機関に説明を求め、ご自身の想いや考え方と合うかを考えた上で加入の是非を検討されるべきかと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「保険」のコラム

厚生年金の加入拡大(2016/10/05 02:10)

かんぽ生命も販売停止(2016/05/01 14:05)