日銀がマイナス金利導入か - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日銀がマイナス金利導入か

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える

本日、日銀がマイナス金利を導入というニュースが入ってきました。

新たな日銀バズーカ砲となるのでしょうか。

マイナス金利とは、銀行にお金を預けると、利息をもらうのではなく、
毎年預かり賃として、手数料を払うイメージです。

その状況で個人なら現金で持っておくという手もありますが、
大量の資金を持つ銀行が現金で保管するのは現実的ではありません。

そもそも、銀行は、一定量の資金を日銀の当座預金に預けなければ
ならないルールになっています。

銀行は、手数料を払わざるを得ません。

であれば、銀行はそのまま資金を置いておくのではなく、
企業等への貸し出しに回すでしょう、というのが表向きの導入理由です。

一方、為替を見ると、本日は、急に円安方向に振れました。

仮に、外国人が円に預けると、利息は貰えず、逆に手数料を払う状況になります。

この状況で、もし円を買うとすると、何に期待するのか。

もし私が同じ外国人の立場なら、円高が進むことを期待して買います。

毎年0.1%払ったとしても、仮に、毎年、円高方向に1.0%進めば、
0.1%のコストは気になりません。

ところが、ここ数年はむしろ、円安トレンドが続いています。

マイナス金利でも、あえて円に資金を置く人たちがどれだけいるのか。

円が売られ始めて、円安がいっきに進む可能性も否定できません。

日銀の狙いは、ずばり「円安」誘導のような感じもします。

「円安」に動くと、ほぼ必ずといってよいほど、「株高」につながります。

最近は特に、日銀のお金でも株を買っていますし、公的年金のお金でも
株を買っています。

物価目標のこともあり、株安は、非常に困る状況といえます。

もちろん、それほど極端な円安にならないかもしれませんが、
家計防衛の観点からは、「通貨分散」を意識した方がよいと思っています。

今回導入された政策は、私たちの生活と決して無関係な話ではありません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

今年1年を振り返って(2016/12/22 18:12)

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)

このコラムに類似したコラム

「家計の金融資産残高、過去最高だが・・・」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/07/13 14:49)

担当者によって家計の収益が大きく変わる! 岩川 昌樹 - ファイナンシャルプランナー(2017/05/25 15:39)

「貯蓄率 15年ぶりに高水準!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/03/31 15:39)

日本の20年度財政黒字化困難で、外貨資産保有割合の見直しを 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2017/01/27 18:39)

「個人の金融資産残高も減少へ!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/06/24 11:09)