減税額はいくら? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

高橋 正典
スタイルグループ 代表取締役
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

減税額はいくら?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
不動産にまつわるお金 住宅ローン減税
今まで、確かにローン減税を理由に家探しを早める人をたくさん見てきました。

不動産業界にとっては、購買意欲を促す打ってつけの策であったようです。

でも、お客さまは勘違いをされている場合が多いです。 例えば減税が最大500

万円!というイメージを持っておられましたが、あくまでご自身が支払った所得税

が上限なのです。 年収600万円クラスの方々で、どうでしょう年間20万円弱でし

ょうかね税額は。 ですから4000万円のローンを組んでいて年間1%の減税だとし

て40万円戻ってくると思われている方がいらっしゃいますが、それは違うのです。

従って、例え上限が500万円になろうが、600万円になろうが、所得税を多く支払

い、そして高いローンを組んだ方に最大の恩恵が行くわけで、通常の方々にとっ

てのメリットは薄いのです。

しかし、これで年内一杯っで一応終えようとしてた住宅ローン減税が、来年以降

も続く事になるのは間違いなさそうですから、それは良かったと思います。

皆さんも、ご自身の所得税の額をご覧になり、決して慌てずに市況を見極めて欲

しいと思います。


        株式会社エスケーホームプロパティ
            代表取締役 高橋 正典

         家を通して考えるライフデザイン

        夢を現実へ〜西新宿で働く経営者のブログ〜