日本人に多い「残業が美徳」の潜在意識を変えるには - 人事評価・賃金精度 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本人に多い「残業が美徳」の潜在意識を変えるには

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事評価・賃金精度
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 内閣府が発表した「ワーク・ライフ・バランスに関する個人・企業調査」によると、社員は残業が評価につながると考えているのに、会社は人事評価で考慮していないと感じていて、個人と企業の認識のギャップが浮き彫りになったという記事が掲載されていました。

 

 この調査内容を細かく見ると、ギャップが浮き彫りになったと言い切れるのかと思う部分はありましたが、少なくとも何らかの認識ギャップがあるのは確かだろうと思います。

 

 残業時間や長時間労働の問題というのは、かなり多くの企業で課題としていて、私どもにも多くのご相談を頂きます。

 このところ「残業代ゼロ政策」のような、労働時間と報酬を切り離そうという議論が盛んにされており、それを経営者側と労働者側の対立のように簡略化して捉えようとする向きがありますが、私がお話をうかがっている印象では、問題はそれほど単純ではありません。

 

 まず会社側としては、ある程度の残業が発生することは当然と思っていますし、それを肯定してはいるものの、習慣化してしまっているような部分や非効率な部分が一部あると捉えていて、そんな無駄な部分や、個人のパフォーマンスによる差に関しては、ただ長時間働けば報酬が増えるような仕組みには疑問を感じています。

 

 残業の中身によって必要性を区別しようと、いろいろな方法を考えてはみるものの、結局線引きすることが難しく、フラストレーションを感じながらも労働時間に見合う賃金支払いをしています。

 中にはサービス残業の強制など、法律を踏み越えることもいとわないような企業があって、それらがブラック企業のような問題につながっているのでしょう。

 

 一方の社員側の様子を見ると、自分自身の仕事ぶりを非効率で不要な残業があると認める人には、まずお目にかかることはありません。

 他人の残業時間は批判的に見ている反面、自分自身のことでは、仕事量が多くてやむを得ない残業だと捉えています。「好きでやっているわけではないのだから、頑張っていると認めてほしい」という感情だと思います。

 

 これは私がいつも思っていることですが、特に日本人の場合、日本昔ばなしに出てくるような、「朝から晩まで、雨の日も風の日も休みなく働く」ということが、今でも労働の美徳として語られていて、それが潜在意識の中に脈々と生き続けているように感じます。

 

 人として普通の気持ちで、「遅くまで大変だね」「休みの日なのにご苦労様」などとねぎらいの言葉を掛けますが、これを言われた側からすれば、そういう働き方が評価されていると思うでしょうし、これが逆になれば、「毎日遅くまで頑張っているのに、評価してもらえない」という感情になってしまうのでしょう。

 

 日本企業での長時間労働の問題というのは、言われ続けて久しいですが、根本にはこんな潜在意識に根差した労働観、仕事観があるのではないかと思っています。そしてこの手の価値観の問題は、何かの圧力や強制がなければ変えられないのではないかと思います。

 

 最近の傾向を見ていると、残業時間や長時間労働の削減に成功している企業は、例えば決まった時間に消灯してしまう、施錠してしまうなど、強制力を持った取り組みをしているところが多いです。

 

 こういう取り組みというのは、会社側からすれば、仕事が滞り、業績に悪影響が出ないかを懸念するでしょうし、社員側からすれば、仕事が大変になった上に収入が減るかもしれないという状況になりますから、前向きに取り組みづらい部分があるでしょう。

 

 ただ、人間の潜在意識に由来する問題の場合は、特に入り口の部分では、無理矢理にでも変えて、それに慣れていくということが必要だと思います。

 

 「残業は美徳」の潜在意識が変わっていけば、「残業しても評価されない」などという話も、いつの間にかなくなっていってしまうのではないかと思います。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム

人手不足の今だからこそできる「働き方改革」 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/06/06 08:00)

「どこかに性悪説を持つ」というマネジメントのバランス 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/10/25 08:00)

あえて「権限委譲」のデメリットを考えてみる 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/07/26 08:00)

最適な仕組みは常に変化する 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/06/07 08:00)

以前から拭えない「ワーク・ライフ・バランス」という言葉への違和感 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2015/12/29 08:00)