年末争脂肪戦!2 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

タイミングと内容

食べるなら回数を多く!

基礎代謝の半分は消化であることからも
多くの食事の機会がある方が効果的です。

内容には消化の遅いもの

たんぱく質や繊維質、

これらは消化の遅いもの。

IMG_0269[1]

積極的に取り入れることで
消費カロリーを増やします。

もちろん、トータルのカロリーが増えないことは大前提。

小分けにして取り入れましょう。

タイミング

食事のポイントのもう1つはタイミング。

いつ食べるのか?

小分けと言ってもいつでも良いわけでもない。

タイミングとしては
朝の寝起き30分以内。

それをはじめとします。

消化時間を考慮すると
約2〜3時間おき。

寝る5時間前までに終わらせます。

お腹すく!

IMG_0004[1]

すきます。

まず、これがダイエット中は普通と考える。

しかし、それで眠れない等があるなら
繊維質をとる。

寝るまではなるべくカロリーはとらない。

寝ている間に脂肪を減らす阻害になります。

そして、糖質や脂質は早めに食べること。

朝〜昼にかけて摂る

糖質は吸収の遅いもの。

ライ麦パン、玄米等。

脂質は良質なもの。

オリーブオイル、亜麻仁油、魚油等。

時間帯はやはり早めです。

カット良くない。

糖質や脂質は食べない方が、、

というのは全く良くない。

これらは脂肪を燃焼するために必要。

カットしてしまうと
水分や筋肉が減る割に
脂肪が減らない。

となります。

必ずどれもかけることなく摂ることがポイント。

代謝の高い体づくりには欠かせません。

ご参考にしてください。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

血色の良い痩せ方、悪い痩せ方の違い 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/11 15:00)

全く身体への効果も異なります。 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2016/05/26 17:00)

新鮮さ 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/12/11 19:00)

リバウンドからのダイエット 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/09/25 10:00)

「筋トレで体脂肪が増える」2つの間違い。 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/07/02 13:00)