Web制作会社の今後の経営戦略は? - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Web制作会社の今後の経営戦略は?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ウェブサイト戦略

Web制作会社の今後の経営戦略は?



他のジャンルでこんな質問が出ていたので、自社のことでもあるので(笑)考えてみました。
http://profile.ne.jp/ask/qa_detail.php/22971

2000年に創業してからの流れとして
・ホームページは持たないと企業じゃない流れ(〜2002年)
・SEOなど効果を意識した流れ(〜2005年)
・情報発信や管理をより業務化する流れ(〜2008年)
と続いています。
それに好景気・不景気が絡んでいます。
2001年ごろは不況で「ウェブ制作会社の乗り換え」が多かったです。
大手制作会社や外部に投げている会社を止めて、中小の制作を社内で行う会社に依頼する傾向でした。
その時のポイントには価格もありましたが、
ここ2年ぐらいを見ている価格競争はもう終わったようです。

これ以上下がらないところに来ていることもありますし、
ウェブの重要性を認識し、制作会社により効果が違うことがわかると
信頼性が重要になってきます。

逆に制作会社はやまほどいますので、信頼を失うと簡単に乗換えが可能です。

さて、現状の飽和状態や不況の中でですが、
弊社も仕事を欲しい企業ですので(笑)、
全てを明かすわけには行きませんが、
「強みを活かして徹底的に攻める」のが一番であると思います。

そしてその強みは「意外と自分ではわかってない」ことも多く、
「自社が思っている強みが強みでない」
(正確には強みにしたいところが強みになっていなくて、
 したいと思っていないところが強みになっているところがある)
ことがあります。

なので、他人の意見を聞きながら、自分の強みを理解し、
行動することが大切だと思います。

余談ですが、最近の不景気で苦しんでいる企業は
・サービスに強みがない。(常駐しかやっていないなど)
・社内で制作を賄えない。(仕事が減ったときに辛い)
という傾向があるようにも感じます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ウェブサイト戦略」のコラム

ウェブマスターは必要か?(2008/08/16 17:08)