吹き抜けを楽しむ - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

有限会社ノアノア空間工房 代表取締役
東京都
建築家
03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

吹き抜けを楽しむ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
住宅設計の極意

ノアノア空間工房の大塚です。

吹き抜けの良さは天井高さが高いのでその開放感と、上から光を取り入れやすい、という2つあります。

上から光を取り入れやすい、ということは細長い敷地だったときに奥のほうまで光が入りやすい、

うまくやれば北側も明るくなる、というメリットがあります。

デメリットは上下で温度差が出てしまうのですが、通風・換気をしてしのぐしかありません。

でもね、メリットを考えた方が絶対家づくりは楽しい。暮らしも楽しいのです。

だって吹き抜けにしかない魅力がありますからね。それはとっても大切なことだったりします。

せっかくの一軒家ですから、高さを利用して楽しみましょう。

ノアノア空間工房

大塚泰子

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
有限会社ノアノア空間工房 代表取締役

雰囲気、空気感―目に見えないものを、建築という“形”に

毎日何かを感じたり、気づいたり、安らいだり――あなたが自然体でいられる空間を作ることが私の仕事です。素敵な詩や写真、絵に出会ったときのような、わくわくする世界が感じられる建築を作っていきたい。それが私の目指す「建築」です。

03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住宅設計の極意」のコラム

門扉デザイン2(2015/12/26 06:12)

デザインバスルーム1(2015/12/24 06:12)

ハンモックのあるリビング(2015/12/23 06:12)

このコラムに類似したコラム

東京の旗ざお状敷地、1階に光をいれる工夫、小さな吹き抜け 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2017/05/11 18:05)

1階LDKに光を落とすための小さな吹き抜け 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2017/02/16 14:03)

吹き抜けに隣接して設けたロフトから1階LDが見下ろせちゃう家 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2017/01/24 11:10)

1階リビングダイニングに設けた吹き抜け、そこから2階にはしごでも登れる家 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2017/01/19 12:17)