インプラントの材質について - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

倉田歯科医院 院長
長野県
歯科医師
0265-76-1610
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インプラントの材質について

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
インプラントについて
インプラントって金属の棒でしょ?そんなもの身体に入れて悪くないの?という質問をよく受けます。

現在のインプラント体は純チタンやチタン合金が使われていて、身体とのなじみが非常に良いです。

現在のインプラントはスウェーデンのブローネンマルク博士によって、チタンと骨がしっかりとくっつくことが発見されたことから始まります。1950年代のことです。
それから50年以上経過した現在でも、チタン製インプラントは生体にとって害でないことが実証されています。

チタンはその害の無さから、口腔内以外でも骨折等の治療にプレートやボルトとして使用されています。

以前はサファイアなどのインプラント等もありましたが、これらの金属は生体にとって異物ととらえられ、骨の吸収が起こったり、細菌感染し、結局抜けてしまいました。

チタン合金のインプラントですと、10年経過時でも96%以上が問題なく機能するといわれています。

現在では、このようなチタン合金のインプラントだけでなく、チタン合金の周囲に骨を誘導するハイドロキシアパタイト(骨の主成分)を吹き付けたタイプなど、さまざまなインプラントがあり、あらゆるケースに対応しています。

写真は実際のインプラントです。皆さんの口に入る物は個別に滅菌処理されたものが使われます。

インプラントについて

千葉県松戸市 歯科インプラントセンター
歯HOO!ブログ〜松戸市の歯医者さん〜

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 歯科医師)
倉田歯科医院 院長

長野県でインプラント治療を中心にお口の健康をサポート

虫歯・歯周病治療からインプラント、レーザー治療、メタルフリーの審美治療まで幅広い治療で患者様に多様な選択肢をご提供しています。2014年からは地元の長野県でお口の健康をサポート。健康な歯を長く使っていただくため、予防に力を入れています。

0265-76-1610
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「インプラントについて」のコラム

入れ歯にもインプラント(2010/08/20 17:08)

インプラントを行う時期(2010/05/28 09:05)

ほんの一言で(2009/03/31 12:03)