あの頃は若かった - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

昔を思い返し発する

あの頃は若かった、

体型では?

IMG_9537[1]

食べでも太らなかった。

痩せていた!

それと比べると今は、、

IMG_9340[1]

代謝が落ちているから仕方がない!

なぜ代謝が落ちるのか?

これは筋肉量が低下するからです。

筋肉は年々減少します。

そして、落ちやすいのは
大きな筋肉や姿勢の筋肉。

これらは痩せづらい体質を作る要因。

IMG_9344[1]

あの頃は若かった、、

の気持ちを作る原因です。

その頃に戻りたい!

とダイエットを始める女性も多い。

この場合は話上、
大きな筋肉や落ちた姿勢の筋肉を鍛える!

ということはわかりやすい。

しかし、現に多くあるのは
カロリーを消費する運動!
食事の制限!

これでは比べると根本である
昔の体型とは縁が遠くなる。

IMG_9346[1]

見るとわかるのに、
実際にはやはりカロリー重視!

ということが多いのでは?

心理的にもたくさん動いたり食べないほうが痩せる!

と思ってしまうのも無理はない。

しかし、目指すのは何か?

ここに目を戻すことが重要

重さなのか?体型なのか?

もちろんどちらも否定はできません。

どちらもここに重要なこと。

IMG_9296[1]

しかし、仮に体型だった場合は
目的とずれてきてしまう。

体型の場合は
必ずと言って良いほどに
筋トレは必要となります。

そして、あくまで姿勢や大きい部位だけの刺激に留めること。

これがないがしろにされると
筋トレして太くなった、

と悩んでしまう。

不自然さが出てしまいます。

あくまでも姿勢の筋肉。

太ももや背中、ヒップ等

ここで、二の腕や肩などが入るのはNG!

不自然な体型への道を辿ります。

筋トレで痩せる!

というのはどう痩せるか?

また、どのように筋肉をつけるのか?

これらが重要。

痩せて得られるのはどんな体型か?

姿勢が整い体脂肪も減る。

これらが理想であり
基本的な自然体型。

あなたの筋トレ選びのご参考にしてください。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

時間をかけるほど 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/12/11 07:00)

普通にスイーツを食べるには? 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2016/01/12 19:00)

週1のジムよりも! 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/12/30 10:00)

ここぞ! 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/12/09 10:00)

結局、一番は維持! 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/11/26 19:00)