今加入している保険は高すぎる?! - 保険選び - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今加入している保険は高すぎる?!

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険 保険の選び方
我が家は二人家族。主人31歳、私30歳。

主人は結婚前、年金付き終身保険に入っていました。
月に15000円以上払っていました。受け取りは確か5000万くらいでした。

結婚したのは2年前です。
この時に私は始めて彼の保険の内容を知り、これは高すぎるのでは?驚いて見直しをお願いしました。
年金部分を取って、3大成人病もまだ若いので取りました。
保険金も2000万に下げました。今払っている保険料は8900円くらいです。

大手に入っていることで、広告料にかかっている部分など考えると、このままこのプランで続けることが、将来的に良いのかどうか悩んでいます。
厚生年金の額も随分高くなったので、保険料もとても負担に感じています。

FPの考える『死亡保険の基本的な加入パターン』
(すべての人にあてはまるわけではありません)

男性の保険加入について


○独身時代:未加入もしくは葬式代300万ぐらいの終身保険
○結婚してダブルインカム
(夫婦共稼ぎ時代):未加入もしくは葬式代300万ぐらいの終身保険
(妻の収入によっては夫保険加入)
○お子さん誕生:保険加入最高額/保険見直し
○お子さん成長:少しづつ保険減額
○お子さん成人:保険見直し

医療保険


○若いうちに1つ終身のものに加入しても良いでしょう。

ご質問に対する回答としては、保険料が安くて同じ保険金をもらえる保険会社があるかどうか、まず調べることです。この「調べる」が大事なことです。

もちろん保険料が安くて同じ保険金をもらえる保険会社があれば替えるべきでしょう。

この「調べる」ことの代行と「適正な保険金に加入しているかを分析する」ことがFP知恵の木の保険見直し設計書になります。