老後に移住希望19% - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
松尾 琢磨
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

老後に移住希望19%

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計

皆さんこんにちは、

個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動している渡辺です。

 

日本経済新聞の記事によると、

内閣府がまとめた『国土形成計画の推進に関する世論調査』で、

老後に備えて移住の意向があるか聞いたところ、

『別の地域に移住したい』が6.8%、

『どちらかといえば別の地域に移住したい』が12.3%で、

合わせても19.1%にとどまった。

 

政府は地方創世の一環で都市部の高齢者の地方への移住を促しているが、

移住希望者はそう多くないのが実情だ。

 

移住の意向がある人に移住する希望先を聞くと、

『地方都市部』が55.2%、

『農山漁村地域』が20.3%、

『大都市部』が14.0%、

『海外』が9.6%だった。

 

居住地を選ぶうえで重視する条件は、

『医療・介護の環境が整っている』が65.1%、

『商業施設があり買い物が便利』が61.8%だった。

 

私自身、もう少し移住希望者が多いと思っていたので、

この結果は少し意外でした。

政府は都市部に集中している人口を地方への移住させたいようですが、

なかなか思うようにはいかないものです。

 

以上、ご参考していただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

料金
20,000円

あなたは将来受け取れる年金額をご存じですか?
今、貯金はいくらありますか?
住宅ローンは何歳まで返済しますか?
老後の生活資金が幾ら必要なのか知っていますか?
など、

『老後資金』の確保、『住宅ローン』の完済
などしっかりと行ったかどうかで、
老後を迎えるときに大きな差となって現れます。

そこで、経験と実績豊富なファイナンシャルプランナーが、安心して老後を迎えていただけるようアドバイスします。

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

このコラムに類似したコラム

平均寿命 男女とも最高 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/01 11:11)

子ども 36年連続減 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/05/15 11:16)

残業上限『100時間未満』 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/04/01 10:29)

2016年ヒット商品番付 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/12/17 11:50)

犬13.2歳 猫11.9歳 平均寿命最高に 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/10/17 10:41)