レントゲンは腰痛回復を遅らせる? - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

あきカイロプラクティック治療室 副院長
カイロプラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
吉川 祐介
(カイロプラクター)
市原 真二郎
(カイロプラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

レントゲンは腰痛回復を遅らせる?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
症状あれこれ
腰痛で病院へ行くと、レントゲン写真を撮る場合がありますよね。そして写真を見ながら「腰の骨が曲がっているね。」「関節の間がつぶれている。」「これはヘルニアだね。」と、患者さんに説明されます。

「特に写真上では問題は無いね。」という説明であれば、少しはほっとするのかもしれませんが、「曲がっている」「つぶれている」「ヘルニア」などという言葉は、おそらくドキっとして、心配が増すと思います。

当院にみえる患者さんにも、「レントゲン写真を見て、確かに腰が曲がっていたので、それで腰痛がひどいんだと思います。まっすぐになるのでしょうか…。」と暗い表情の方がいらっしゃいます。そして少し腰が痛くなると「骨が曲がっているせいだ!」と思い込み、気分が沈んでしまうようです。

実は、海外の研究で、腰痛の患者さんにレントゲン撮影をすると、回復が遅くなるという結果が出ています。患者さんが「自分は重症だ」と思って気にしてしまうことが原因ではないかと推測させているそうです。確かに、写真のように骨の状態を目で見てしまい、ショックな内容を説明されると、そのことが頭から離れなくなってしまいそうです。

レントゲン写真が重要になる疾患もありますが、上記のようなケースもあることを頭の片隅にいれておき、精神的なダメージを減らすことができればと思います。骨が曲がったり、間がつぶれていることが腰痛の原因では無いケースも多いのですから!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
あきカイロプラクティック治療室 副院長

快適な状態で日常生活を送ることが、どれだけ楽かを伝えたい

何が原因でつらい症状が出てしまうかをご自身がお気付きになることが、施術を進めていく上でのポイントになると考えています。私の経験した「神経の働きが良くなるとこんなに楽になるんだ!」という感動を、多くの方に知って頂きたいと思います。

カテゴリ 「症状あれこれ」のコラム

しびれ に伴う様々な症状(2008/10/01 13:10)

かかとの痛みと股関節(2008/07/07 00:07)