現金や貸付金が多いということは・・・ - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現金や貸付金が多いということは・・・

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はボイラーデーです。
色々な機械を動かすのに使われている印象。

商売と私生活の関係についてお話をしています。
現金や貸付金が多いということが何を意味しているのか、解説をしました。

倒産企業のパターンその2、現金や貸付金が多い決算書は、以下のように読み解くことができます。

・現金や貸付金が多い=社長が給与以上に会社のお金を使い込んでいた、その歴史が積み重なった結果である

実際にはありもしない現金が計上され、返済の見込みがない貸付金が計上されているということは、社長による使い込みを意味しているのです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

同時性(2017/08/15 07:08)

今後の論点(2017/08/14 07:08)

このコラムに類似したコラム

現金が沢山あるようにみえるというのはどういうことか? 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/06 07:00)

パターンその2 現金が多く社長貸付が沢山 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/05 07:00)

パターンその1 現金が少なく、社長借入が沢山 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/04 07:00)

無自覚な使い込み 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/09 07:00)

どこに行ったか、その現金 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/07 07:00)