お金を分けること - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お金を分けること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は文字・活字文化の日です。
本、そろそろ置き場所に困ってきました。

商売と私生活の関係についてお話をしています。
現預金残高の変遷を通じて、使えるお金の金額を類推することを確認しました。

ここでとても大切なことは、商売用の預金口座と私生活の預金口座を分けることです。
これ、当たり前のようなのですが案外とできていない自営業者の方がとても多いです。

もちろん、ある程度の混在は仕方のない部分もあります。
しかし、基本的には売上の入金や仕入の支払い、その他事業に関わる入出金は商売用の口座にまとめ、商売に関係のない生活費があまり混在しないようにすることをオススメしています。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

同時性(2017/08/15 07:08)

今後の論点(2017/08/14 07:08)

このコラムに類似したコラム

収入が減る 高橋 昌也 - 税理士(2016/03/31 07:00)

必要な商売の規模は私生活で決まる部分も 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/02 07:00)

大枠で捉えてみては如何? 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/01 07:00)

定点観測が必要 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/26 07:00)

多くの商売人がわかっていないこと 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/23 07:00)