遺言は書いてもらった者勝ち - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

高島 秀行
高島総合法律事務所 
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

遺言は書いてもらった者勝ち

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般

相続が起こったときに、
遺言があった場合は、
基本的には遺言書どおりとなります。

遺言がないとどうなるかというと、
法律で定められた相続人が、
法律で定められた相続分のとおりに相続することとなります。
例えば、配偶者と子供2人が相続人の場合は、
配偶者2分の1、子供が4分の1ずつとなります。
子供のみ3人が相続人の場合は、3分の1ずつとなります。

相続人が子供3人(長男、次男、三男)のケースで、
長男が母親に取り入って、
自分に遺産を全部相続させるという遺言を
書いてもらったとしましょう。
そうすると、本来、次男、三男は、
遺産を3分の1ずつもらえるはずが、
遺留分減殺請求をしない限り、
遺言にしたがって
遺産を全部長男に相続されてしまうこととなります。

ここで言う
遺留分減殺請求(「いりゅうぶんげんさいせいきゅう」と読みます)
というのは、
相続人に遺産のうち
最低限取得が認められる取り分のことを言います。
子供の遺留分は、
法定相続分の2分の1が遺留分となります。

そこで、次男と三男は
遺留分減殺請求権を行使すれば
法定相続分の3分の1の2分の1である
6分の1の遺産を手に入れられることとなります。

しかし、遺留分というのは、法定相続分とは違って、
遺留分減殺請求権という権利を行使しないと
もらえない権利です。
しかも、遺留分減殺請求権は、
遺言について知ったときから
1年以内に行使しなければなりません。
そして、取り分は、
相続人が子供の場合で、半分に減ってしまうのです。

このようなことから、遺言を書いてもらった方は
相続においてかなり立場が有利となります。

遺言は書いてもらった者勝ちなのです。

これまでたくさんの
遺言に関する相談や依頼を受けて来ましたが、
遺言を書いてもらわなかった相続人の中には、
自分が遺産を多くもらえる遺言を
書いてもらおうと思ったけど、
他の兄弟に悪いから書いてもらわなかったら、
その他の兄弟が遺言を書いてもらっていた
というケースもありました。

自分が多く遺産を取得する遺言を
書いてもらっておけば、
相続が発生したときに、自分の分を譲って
他の兄弟と平等に分けることもできます。

しかし、他の兄弟が
多く遺産を取得する遺言を書いてもらっていた場合、
同じように譲って
平等に分けてくれることは少ないと思います。
そう考えると、
遺言を書いてもらえるときに書いてもらっておくことが
大事なこととなります。

遺言書は、ご両親などが亡くなってからは
書いてもらうことはできないからです。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

民法、相続ルールの大規模改正へ(4) 高原 誠 - 税理士(2016/02/22 19:23)

子供のいない人は遺言を書いてください 高島 秀行 - 弁護士(2015/09/29 10:09)

5月18日(日)相続・贈与セミナーでのご質問 岩本 裕二 - ファイナンシャルプランナー(2014/05/20 13:28)

遺留分って?侵害するとどうなるの? 酒井 尚土 - 弁護士(2013/11/22 11:39)

遺産相続で最初に確認すべきポイントは 大黒たかのり - 税理士(2016/08/22 08:18)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!