日本の若者へ “Be Brave” - パーソナルコーチング - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本の若者へ “Be Brave”

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. パーソナルコーチング
Educational Psychology

本当に言いたいことを「言葉」にする勇気のない人へ


「英語を話す」には、強い発声、特に母音の強い音が必須です。

日本語のような弱い母音のまま、いくら英語の発音を真似ても、通じる音は出せません。


そのための特訓、Vocal Training (発声練習)を毎週生徒たちにやってます。

強い音だけでなく、音を出すタイミング、伸ばし方、続け方、そして、英語のリズムを覚えていく生徒たち。

もちろん、歌詞の内容、イメージも役に立ちます。

英語で語る世界をかいま見ることが出来るからです。


最近、”Brave” という曲を使いました。


発声練習だけでなく、この曲のメッセージに生徒たちが高揚しているのを感じました。

「発話する勇気」などということがあるのだと、初めて認識したのかも知れないです。


「みんなと一緒」「目立たないように」「ほどほどでいい」「親の言うことは黙って聞く」「教師には従う」「友達の中では合わせる」

例え、自分の意思とは異なっていても、自分の希望を押し殺しても、周りに合わせて、言うことを聞いて、口をつぐむのをよしとする日本の社会で。


自分の言いたいことを、自分の言葉で勇気を持って伝えることが、そんなにも素晴らしいことだなんて!

疑問に思ったことは、その疑問を追求することから人間は成長していけるはず。

その疑問を表現する手段である「声」を封じ込めた若者は、これから一体どんな人生を送るのでしょうか。


“Brave” のメッセージで、生徒たちの勇気が大きくなったことを祈って。


You can be amazing

You can turn a phrase into a weapon or a drug

You can be the outcast

Or be the backlash of somebody’s lack of love

Or you can start speaking up


言葉は素晴らしい

言葉の力は大きい

勇気を出して言葉を発することを

妬んだり、仲間外れにする心の狭い人たちもいるけど

それを怖がって黙ってる?

それとも君は「声」を出し始める?


Nothing’s gonna hurt you the way that words do

And they settle ‘neath your skin

Kept on the inside and no sunlight

Sometimes a shadow wins

But I wonder what would happen if you


「言いたいこと」を言わずに隠してしまうほど

自分の心が傷つくことはない

「声」を閉じ込めて、陽射しのない影にいる君

でも

もし「言いたいこと」を「声」にしたら何が起こると思う?!


Say what you wanna say

And let the words fall out

Honestly I wanna see you be brave

With what you want to say

And let the words fall out

Honestly I wanna see you be brave


「言いたいこと」を「声」にして

言葉がこぼれるように

本当に!

勇気のある君が見たい!


Everybody’s been there, everybody’s been stared down

By the enemy

Fallen for the fear and done some disappearing

Bow down to the mighty

Don’t run, stop holding your tongue


みんな経験あるはず

敵ににらまれてすくんでしまったこと

消えるように小さな存在になって

力のあるものにひれ伏して。。。

でも!

逃げないで、「声」を止めないで!


Maybe there’s a way out of the cage where you live

Maybe one of these days you can let the light in

Show me how big your brave is


今住んでる檻から出て行けるよ

明かりが差し込んでくるはず

君の勇気がどれだけ大きいか見せて!


And since your history of silence

Won’t do you any good

Did you think it would?

Let your words be anything but empty

Why don’t you tell them the truth?


口をつぐんで随分経つけど

それで何かいいことあると思う?

「言わない」ことでいいことあると思ってた?

本気で?!

君の「声」を空っぽにしないで

そろそろ、みんなに本当の君の「声」を聞かせたら?!


I just wanna see you

I wanna see you be brave

ただ、見たいだけ

君の勇気を

 

Brave
Risk taking


これからの世界で、自分の、自分らしい人生を送るための必須の姿勢です。


Be Brave, Guys.

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。

カテゴリ 「Educational Psychology」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 英語圏の大学で通用するエッセイの書き方指導

論理的なエッセイを英語で書くとはどういうことかを体験

料金
5,500円

初級から上級まで個人のレベルに合わせて指導します。 
Writer でもあるNative Speakerのチェック付き。
「日本人なのにどうしてこんないいエッセイが書けるの?」とカナダの大学関係者をうならせたエッセイ指導がメールで可能です。

英語圏の大学で通用するエッセイの書き方指導

このコラムに類似したコラム

今治の生徒たちからのメッセージ「カナダで頑張ってください!」 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/10/03 04:52)

日本の子供の居場所 - 豊かで成長を止めることのない「庭」 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/08/20 16:43)

Let’s Be Stronger Together, Japanese Girls! 「一緒に進めばもっと強くなれる!」 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/07/29 18:35)

学校に”NO”を突きつけるのも大切では? 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/07/23 18:22)

「プログラミングを教える目的」を取り違えていますよ 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/06/19 17:52)