納品された写真データはフィルター加工して良いのか? - 写真補正・加工 - 専門家プロファイル

宮本 陽
And EM アンド・エム 代表
兵庫県
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真撮影

宮本 陽
宮本 陽
(カメラマン)
古田 晃広
古田 晃広
(カメラマン)
古田 晃広
(カメラマン)
古田 晃広
(カメラマン)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

納品された写真データはフィルター加工して良いのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 写真撮影
  3. 写真補正・加工
ブログアーカイブ

ブログアーカイブ(2014年5月)

納品した画像データは、納品後は先方で如何様にも加工してよいのか?

先日の撮影案件で、納品データの加工についてクライアントさんと話す機会があった。

 

先方の公式webに掲載するために、サイトデザインに合わせ若干のトリミングも問題ないと考えているし、当然のことながらリサイズは必須のものとなる。

納品後に加工は不可、と明言、確認し受注しているが、この程度の加工については常識の範囲内かと。

 

しかし、納品後のデータをスクエアに切ってInstagramのフィルターで加工し、同ソーシャルに載せる...。これは残念ながら許せないと考えている。

Instagramの勢いは衰えを見せないようだし、活発に交流いただければ良い。エフェクトで遊ぶのも自由だ。

 

ここで使われる写真は、自分たちで撮影したものであるかどうか?といった決まりはないだろうと思う。しかしながら、職業撮影者が撮影した写真をあのフィルターで潰し崩し、しかも勝手に切り抜くのはどうかと感じる。

ハヤリだから何でもそこに載せていいだろう、という考えには手放しで賛同できない。少なくとも受発注時に事後の加工は不可と確認をしている以上は。

元データを激しく破壊し作品を潰すフィルターは、意外性を逆手にとりトラフィック増大を狙うためのもの。私は黎明期のInstagramに新規登録、15分後には退会した。


【Official Blog】http://and-em.com/blog/index.php?no=r2748


「メルマガ:平成のデジタルフォト通信」でも色々なお話をお伝えしています。

http://and-em.com/mailmagazine.html へどうぞ。

このコラムに類似したコラム

スマホのフィルターはそろそろ卒業したい 宮本 陽 - カメラマン(2015/10/10 18:00)

そのフィルター処理に意図がありますか? 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/10 12:00)

モノクロには無限とも言える表現がある 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/17 13:00)

お遊びフィルターの限界 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/08 12:00)

見た目の印象を残したい --- 画像処理の楽しみ 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/03 12:00)