CharmBodyのダイエット・ボディメイクの概念 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
080-3426-1039
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

CharmBodyのダイエット・ボディメイクの概念

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

ダイエットで多いお悩みは
短期で○○キロダイエット!
‥‥でもリバウンド。

振り出しです。

こらは体脂肪が減る速度と、
筋肉が増える速度が
噛み合っていないから。

どちらを優先させる???

もちろん、急ぎで痩せたい方は
体脂肪を減らすことが優先されます。

しかし、優先するあまり、
運動量と食事制限で
ゴソッと筋肉を落としてしまっては。。
元の体型よりも圧倒的に太りやすくなります。

筋トレしてるから大丈夫!
というのは大きな勘違い。。

女性は男性に比べ
筋肉を増やすホルモンが20分の1程度。

さらに基本的には
消費カロリー〈摂取カロリー
の公式にしないと
筋肉量が増えることはありません。

そしたら太るじゃん!

筋肉を増やして痩せるとは
筋肉をつける期間と脂肪を減らす期間を
分けて考えることがトレーナー業界では
常識中の常識。

同時には不可能なのです。

しかし、例外があります。

○普段運動しない方
○している方でも、使わない筋肉を使う

人の生活パターンは、
個々に異なりますが
その人に決まったパターンがあります。

つまり、活動する筋肉にも
パターンがあるのです。

平均すると、
身体に100ある筋肉のうち
わずか20程度しか使っていないことになります。

主に使われる部位には
○太もも
○腰(一般的にいう背筋)
○肩

この3つは誰しも使う
身体で最も大きな筋肉ビック3
になります。

トレーニングでは原則として、
体の大きな筋肉を増やす。
ことがどこでも常識。

???

普段使いすぎている部分をさらに鍛えると
○パンパンに太くなる
○負荷に慣れているので、
相当な重量、セットを行わないと筋肉が増えない
○大きな筋肉なので
たくさんのカロリーを取らないと増えない

あなたのイメージでは
大きな筋肉を鍛えて代謝アップ!
脂肪も燃焼してリバウンドなし!

学問的にもあり得ません。

これはカロリー消費の基本
重さ×移動距離
で稼いでいるカロリー消費の考えです。

○40キロのバーベルで
20回スクワット×3セット!
○タンパク質と野菜だけの
500キロカロリー程度の食事制限

それは痩せます。

話を戻すと、
普段使っている筋肉に負荷をかけ、
カロリーを制限すると

○使っていない筋肉がさらに減る
○カロリー制限で省エネ体質になる
○体の水分量が減少する

結果
○顔、上半身げっそり。
○下半身パンパン
○ちょっと食べるとすぐ増える
○水を飲んだだけで太る

という結果を招きます。

ではどうするのが良いのか?

序盤で普段20%程度しか
筋肉を使っていないとお話ししました。

答えは
普段眠っている
80%の筋肉を目覚めさせること。

筋肉は「全か無かの法則」というものがあり
使われなければ全く使わない。
無いものと同じ。

使うなら100%!とことん使う!
という性質があります。

使われない部位を
筋トレで刺激することでパッ!と目覚めさせます。
目覚めた筋肉は、
また眠らないように定期的に刺激。

完全に起きて、定着するのに60〜75日
これは、筋肉が増えるのではなく、
目覚めを定着させるための期間。

筋肉は目覚めた時点で熱を発生し
たくさんの脂肪を燃焼していきます。

それが定着すれば、
自ずと太りづらい体質へ変わります。

また、
人間は2足で重力下で生活する生き物です。

本来全ての筋肉を使っていれば
自ずとモデルのまっすぐ姿勢になります。

垂直方向の重力に対して
垂直に負荷を受けることが
生物的に最も効率が良いですよね?

使う部分20%、使わない部分80%と
アンバランスがあるから
重力を無理にアンバランスに支え、

○ふくらはぎがゴツゴツ
○太もも外がっちり!
となっているだけ。

根本的に全部の筋肉が目覚めれば
○部分太りしない
○代謝が高い
体型になり、これが日本でいう
モデルの体型なのです。

戻りますが、
これで
脂肪を減らし、痩せやすい体質が完成。

後は、お好みで
ボディラインを作るために
筋肉のボリュームをつける。

この時は筋肉を増やすので
カロリーはある程度多く摂る必要があります。

○少し身体に丸みをつける
○ヒップにボリュームをつける
○お腹に縦線を作る
自由に選び、似合うかどうか等考えます。

数々のダイエット方法に
囚われてしまうのは私たち専門職の責任。。

だからこそ、
色々な媒体でこういった根本の部分。
苦しさから一転、
ワクワクできる部分
ご提案していくことに意義があります。

それがパーソナルトレーナーである由縁。
パーソナルトレーナーとしての
責任と思っています。

何をしてもダメ、、、
という方は是非お話をしをお聞かせください。
トレーナー一同お待ちしております。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

080-3426-1039
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

「すっぴん足」~サンダルとふくらはぎ~ 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/06/23 19:00)

「キャラメル化!?」〜モヤっと体型〜 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/06/20 19:00)

「高いヒップ」しゃがむ!モデルウォーク 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/06/09 19:00)

「脚化粧」〜ヒールは女子の筋トレ〜 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/06/06 19:00)

「進撃の女子!」〜夏の肌見せスタイル〜 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/05/24 19:00)