肉vs魚 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
080-3426-1039
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

肉と魚は部位よりますが
100グラム中に含まれる
タンパク質の量はほぼ同量。
IMG_6253[1]
平均して15〜18グラムになります。

では
どのような違いがあるか?

それは脂肪の種類です。


飽和脂肪酸


不飽和脂肪酸

脂肪の種類や細かい部分は
栄養学で検索すれば
いくらでも出てくるので

これらと女性のダイエットボディメイク
関係についてです。
IMG_6210[1]
結論
どちらも必要な栄養素。

両者のバランスが大切。

一般的に悪いとされる飽和脂肪酸
体に良いとされる不飽和脂肪酸

偏ってしまうことが
身体の慣れとなり
体型の変化を止めてしまいます。

また脂質全体でみると
1日の摂取カロリーの
15%%を下回ると
○基礎代謝を増やすホルモンの低下
○脂肪を減らすホルモンの低下
へと繋がります。

また、ホルモンは全て脂質から作られています。
女性はホルモン周期や新陳代謝を踏まえても
理想は1日の摂取カロリーの25%〜30%。

そして、
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の比率を
1:2にすることがベストです。

これはあくまでベース。
ダイエットボディメイクの目的や期間によって
栄養士とcharmbodyパーソナルトレーナーが
あなたに合った食事プランを作成いたします。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

080-3426-1039
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

カラダの中心部分の脂肪。 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2016/05/04 13:00)

幸運の時差! 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/10/28 07:00)

タンパク質だけ食べる!の勘違い 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/08/03 15:00)

腹が立つ「3つの話」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/07/25 19:00)

ボディメイクアプリ 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2016/07/02 23:00)