生命保険 見直し 必要補償額 - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険 見直し 必要補償額

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険

生命保険 見直し 必要補償額  




万一の場合家族の必要生活資金に対して

どのくらい世帯主が死亡保険金の準備ができているか?

生命保険文化センター「平成18年度 生命保険に関する全国実態調査」によると

30歳〜34歳
平均必要補償額7,009万円 平均死亡保険金額2,232万円

35歳〜39歳
平均必要補償額8,579万円 平均死亡保険金額2,808万円

40歳〜44歳
平均必要補償額7,954万円 平均死亡保険金額2,846万円

45歳〜49歳
平均必要補償額6,809万円 平均死亡保険金額2,966万円

50歳〜54歳
平均必要補償額6,660万円 平均死亡保険金額2,712万円

55歳〜59歳
平均必要補償額6,679万円 平均死亡保険金額2,191万円

60歳〜64歳
平均必要補償額5,562万円 平均死亡保険金額1,513万円

いずれの年齢層も充足率は約30%と、かなり低いですね。

補償を大きくすれば、一般的に保険料はあがりますが

工夫をすれば安く抑えることも可能です。

困るのは自分の家族です。

しっかり必要補償額を知り、万一の際に備えましょう。


その他保険に関する情報はこちらをご参照ください
↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓
保険業界で頑張る社長のblog