痩せる食事の法則 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
080-3426-1039
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
  • 〇〇しか食べない
  • 野菜中心
  • 炭水化物抜き

どの方法も
運が良ければ体重は減るでしょう。
あなたの大切なカラダを
そんな運任せにゆだねても良いのでしょうか

まずは基本に立ち返りましょう。

ダイエットの基本原則

【痩せる=消費カロリー>摂取カロリー】

1日の消費カロリーの内訳

基礎代謝量(70%)+活動代謝(20%)+食事による熱代謝(10%)】

基礎代謝の内訳

【筋肉(40%)+肝臓・胃腸(40%)+その他(20%)】

ダイエットにおいて基礎代謝を増やすことは大前提です。
例えば、炭水化物抜きダイエットでは、
生理学的にも基礎代謝を増やせないばかりか、
保つことすらできません。

また、食事では
唯一内臓の基礎代謝のコントロールすることができます。
3大栄養素である

  • 炭水化物
  • タンパク質
  • 脂質

はそれぞれ消化・吸収時間に大きな差があります。

消化時間が遅いほど、
内臓はたくさんのカロリーを消費します。
これを応用してたくさん
食べても痩せていくサイクルを作っていきます。

「カロリー制限をしても痩せない…」
「ほとんど食べていないのに痩せない…」
「飴1つで太っていく…」

不思議な体験をしたことはないでしょうか?

ダイエットに最も重要なのは
食事内容とタイミングです。

いくらカロリー制限をしても
体脂肪を増やすホルモンの対策をしなければ
体脂肪は増えていきます。

食事をする

血糖値が上がる

インスリン分泌による血糖値低下
(脂肪を増やす)

血糖値低下による筋肉の分解
(基礎代謝の低下)

筋肉を糖に変えて血糖値を上げる

血糖値が上がる

このスパイラルを無くすには

  • 血糖値上昇によるインスリン対策
  • 血糖値低下によるコルチゾル対策

を考慮した食事内容・タイミングが必要不可欠です。

現に朝パスタ2人前を食べても
このサイクルが出来ているから太らないモデルもいます。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

080-3426-1039
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

モデルフードメソッド 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/10/06 19:00)

リバウンドからのダイエット 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/09/25 10:00)

モデルダイエット 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/09/05 11:00)

モデルダイエット 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/08/15 11:00)

やばっ、遅刻!「食べれなかった後は???」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/05/18 19:00)