鬼怒川の水害でやり玉に挙がっている太陽光発電所について - 太陽光発電・太陽熱温水器 - 専門家プロファイル

和上住電株式会社 代表取締役
大阪府
住宅設備コーディネーター
06-4808-8941
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

大谷 正浩
(住宅設備コーディネーター)
松本 秀守
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

鬼怒川の水害でやり玉に挙がっている太陽光発電所について

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 太陽光発電・太陽熱温水器

メガソーラーをはじめ、遊休地を利用した太陽光発電施設の建設が全国各地で続いています。過疎地などで余っている土地に太陽光パネルを設置して発電所にするという発想はとても有意義なもので、固定価格買取制度が追い風となって発電所の建設が相次ぎました。

今や、田舎の田園風景を眺めていると大規模な太陽光発電所を目にすることも多くなりました。

このこと自体に問題はないのですが、今回起きてしまった鬼怒川の大水害で、太陽光発電所の存在がよろしくない形でクローズアップされています。

 

問題になっているのは、茨城県常総市にある太陽光発電所です。

空中撮影の映像を見る限り、なかなかの規模です。

おそらく遊休農地に設置されたものと思われます。

 

この太陽光発電所は、鬼怒川のすぐ近くにあります。

一部を鬼怒川の堤防と接していることも見て取れます。ただし、ここで堤防のように見えている土手は堤防として設けられたものではなく、自然に出来た土手です。

この流域は水害防止のために堤防の整備を進めていたそうですが、この一帯はまだそれが完了しておらず、自然に出来ていた十一面山と呼ばれる自然の丘が実質的に堤防の役割を果たしていたそうです。

ところが、この十一面山が太陽光発電所を建設するにあたって一部が削られたらしく、それによって高さが若干低くなってしまいました。

 

今回の鬼怒川水害は越水と呼ばれる洪水で、堤防が決壊したというよりは堤防を多量の水が乗り越えたことによって起きました。

つまり、堤防を削って低くしてしまったら、そこは越水しやすくなるわけです。

 

しかも、この工事は常総市に無断で行われていました。

民有地なので問題なしというスタンスのようですが、実際にこういうことが起きるのではないかという懸念があったため、市議会でもそれが問題視されたこともありました。

 

そこに来て、その懸念が現実になってしまいました。

この因果関係については今後調査されるでしょうが、結果によっては何らかの補償問題が出てくる可能性もあります。

 

実はこの手の危険な太陽光発電所は全国各地にあります。

太陽光バブルとも言われた発電施設の乱立は、一見すると過疎地の遊休地を有効活用して経済効果も見込める夢の事業なのですが、その一方でずさんな工事や強引な誘致活動などが災いしているケースも少なくありません。

 

環境に優しいと謳っている太陽光発電が、災害を引き起こしていては本末転倒です。

今後の太陽光発電普及において、大きな転機となる一件になったことは間違いないでしょう。

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 住宅設備コーディネーター)
和上住電株式会社 代表取締役

太陽光発電とオール電化を追及するプロフェッショナル

私たちはオール電化・太陽光発電のご相談、お問合せを全国から頂いており、その数は年間1000件以上にもなります。業界の動向や評判、お悩みのひとつひとつにお答えできる情報を発信し、全てのご家庭、そして地球環境に貢献したいと考えています。

06-4808-8941
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

太陽光発電のチェックツールにドローンが活躍中 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2016/11/01 11:08)

台風による太陽光パネルへの被害を防止するために 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2015/11/09 15:00)

高速道路のインターチェンジにある空き地を太陽光発電所に(大阪府) 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2014/12/10 14:58)

実は、下水処理場に太陽光発電が使われている 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2014/10/21 18:00)

エコの優等生のはずが・・・太陽光発電の残念な現実 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2014/10/20 09:00)