特別受益と寄与分 - 遺言 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

特別受益と寄与分

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺言
経営 会計・税務

おはようございます、今日はチリの独立記念日です。
国というのも、結構生まれたり無くなったりしていますね。

遺言書についてお話をしています。
書くべき内容として、なるべく具体的に分け方について明示しておくことを紹介しました。

ここで言葉として簡単に知っておきたいところを。
遺産の分割を考えるときに、こんな言葉があることは知っておいて損がないかもしれません。

・特別受益:生前に故人からもらっていたである財産
例)何か大きな買い物をするに当たり、親から資金援助があった

・寄与分:遺産の分割に当たり、故人に対する貢献が高いので考慮されるべき事情
例)老後の面倒を一身に引き受けていた

遺言書の内容は、上記のような事情を反映させたものであることが好ましいことは、容易に想像ができます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

現預金や保険の活用 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/11 07:00)

遺言書にも見直しが必要 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/05 07:00)

保険や年金の請求先など列挙 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/30 07:00)

手紙などの活用 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/29 07:00)

保険は相続財産ではない 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/23 07:00)