3Mとの出会い - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

石川 雅章
株式会社エスクリエイト 代表取締役
広告プランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

3Mとの出会い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
看板・サインの秘密 グラフィックスサインは奥が深い
久しぶりのコラムとなりました

今回は、印刷から少し離れて、サイン関係のお話を致します

今から12年前くらい、私は前職で印刷機材の商社にいたので、あらゆるメーカーの商品を取り扱っていました。


そんな時、その会社では3Mの代理店となり、当時、ほとんど普及していなかったスコッチプリントシステムを導入し、同時に営業マンはシステムを売るように指示を受けたのです・・・


スコッチプリントシステムとは

耐侯性・生産性・機能性を特長とするグラフィックスで、屋内・屋外の各種サインや車両マーキング、ウィンドウディスプレイ、シャッター、仮囲い、タペストリー・フロアなどを装飾することができるシステムです。



みなさんおなじみのラッピングバスもこのシステムで作られています!

スコッチプリント



当時は、どこへ営業に行ってもほとんど相手にされず、一緒に同行してくれた3Mの営業の方と何度も何度も説明したものです・・・


あるお客さんで、大変、興味を持っていただき、3Mの山形工場まで見学に行くことになったのです。


とはいっても、6000万円くらいするシステムですし、ビジネスとして成り立つかどうかもわからないもの・・・

結局、導入には至りませんでした


それから2〜3年後です


石原東京都知事の広告条例改正により、都バスに全面広告が掲載できることとなりました。
それからですね〜 爆発的にスコッチプリントが活躍し始めたのです


当時は会社の中でも、このビジネスに興味を持ち、3Mと同行営業をしているのは、私が位しかいませんでした。


でも、私は人と違うことをやるのが好きで、この時に3Mの方々から学んだことは、今でも大変役に立っており、そして、今でもスコッチプリントが好きで、お客様とに信頼関係もスコッチプリントのおかげで大きく信頼をいただくことができました。


3Mさん、出会えてよかったです


これからもよろしくお願いします