高圧洗浄−2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社パルティータ 代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

高圧洗浄−2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
住宅修繕レポート
家庭用とはいえ、サイクロンジェットノズル使用時の高圧洗浄機能はなかなかのものです。

実際に使用してみれば、効果は一目瞭然ですが、写真で使用前使用後を比較表現するのは、なかなか難しいです。
ここでは、一部だけを洗浄した写真を撮ってみました。

最初の写真は、外壁カラーベストです。
白色塗装仕上のカラーベストは、薄汚れていましたが、高圧洗浄で老朽化した塗装は吹き飛んでしまい、新品のように生まれ変わります。

汚れたコンクリート打放し壁を洗浄してみました。効果は絶大で、汚れた層はなくなります。
但し、洗浄後のコンクリート表面は、打設直後のツルツルではなく、表面のセメント分が取れ、骨材(砂利、砂)が残るので、ザラザラです。

塗装がはげ、サビの出たスチールフラットバーの手摺を洗浄しました。
赤サビ全てが取れ、ピカピカになるわけではないですが、浮きサビは取れます。
元々サビ止の上にOP塗装でしたが、OP塗装のほとんどが吹き飛びました。
洗浄すると、水けむりの中に塗装の破片がパラパラ飛ぶのが見えます。

木部に塗装したものは、大半の塗装をはがすことができますが、木部自体も柔らかい部分が削れてしまい、平滑な面にはなりません。

石やレンガ、コンクリートブロックには最適です。
健全な層を傷めることなく、古い風化した層のみはがし、美しくなります。

今回は、建物全体を洗浄したわけですが、効率よく作業進めることができました。
建物外周に溜まった洗浄後の水たまりが白くなっていましたことで、旧塗装が取れていることがわかります。

これで、塗装下地ができあがりました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

カテゴリ 「住宅修繕レポート」のコラム

破風ガルバリューム板巻き(2007/02/21 18:02)

足場、外壁塗装(2007/01/30 13:01)

高圧洗浄(2006/12/22 13:12)

修繕スタート(2006/11/22 23:11)

セルフビルド:欧米と日本(2006/11/19 18:11)