仲の良い同居人に遺産を遺したい - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

仲の良い同居人に遺産を遺したい

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はベッドの日です。
布団派です。

遺言書についてお話をしています。
用意をせずに亡くなると、自分の遺志を通すことが難しくなることに触れました。

よりわかりやすい例として、親族でない人に遺産を渡したいケースがあります。
最近では婚姻をしない状態で同居をする男女も増えましたし、あるいは同性で同居生活を営むようなケースも増えています。
法律的な親族関係ではないが、家族のように暮らしている。
あるいは近所に住んでいてとてもお世話になっている友人がいるが、親族は誰もいないorいても絶縁状態、なんて例もあるでしょう。

そういった非親族に対して遺産を渡したい場合、遺言書を書いていないと基本的な道は断たれてしまうことになります。
遺産は基本的に親族で分け合うもの、というのが大前提だからです。
(例外はありますが、色々と大変みたいです)

その点、遺言書で「友人のAさんにコレを渡す」と書いておけば、それが基本方針となります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

権利はバランスをとって構築されている 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/11 07:00)

なんでも好きな様に残せる!というわけでもない 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/08 07:00)

会社を誰が継ぐのか?なども 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/07 07:00)

家督相続、というものはないわけですが・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/06 07:00)

生前の分配や寄与について 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/04 07:00)