背景その1:相続税の増税 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

背景その1:相続税の増税

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はナミビアの日です。
過去数十年で新しく設立された国って結構あるのですね。

遺言書についてお話をしています。
まずは遺言書の重要性が高まっている背景について簡単に。

最初の理由は相続税の増税です。
これについては報道等でご存じの方も多いのではないかと思います。

相続税の細かな仕組みまでは説明しませんが、簡単にいうと

・誰がどの遺産をどのようにもらうかによって、税金の額が大きく変わる

これが相続税の特徴です。
増税により、遺産をどのように分配するのかの重要性が高まりました。

遺言書というのは、簡単にいえば

・遺産分配の指示書

生前に指示を出しておくことで、相続税に絡むトラブルを避けやすくなるということが期待されています。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

税金がなくてもトラブルは起こる! 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/29 07:00)

相続税の方でちょっとした特例もある 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/09 07:00)

相続税…のその前に考えたいこと 高橋 昌也 - 税理士(2014/10/21 07:00)

遺留分(いりゅうぶん)という考え方 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/09 07:00)

会社を誰が継ぐのか?なども 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/07 07:00)