IHヒーターで変わる空間 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

高安 重一
有限会社アーキテクチャー・ラボ 代表取締役
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

IHヒーターで変わる空間

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
最近、オール電化の家をいくつか手がけています。

電気のエネルギー効率がいいと言うことでお得な面ばかりが強調されていますが、コストばかりでなく、IHヒーターの空間における効能について興味があります。

スッキリしたデザインはもちろんOKですし、掃除しやすいのも大歓迎です。特に火が出ない点が、インテリアの仕上げに大きな影響を与えています。
これまでのキッチンは、キッチンまわりに燃えるものが使えないため、他の部屋とは違う特別仕様の場所でした。しかしその制限が無くなることで、もうリビングやダイニングとの差別をしなくて良くなります。

換気扇も大きく変わります。いままではガスの燃焼のため、吸気と排気の両方を計算していましたが、これからは、匂いや湯気を排出するだけのために換気扇を回すようになります。
匂いだけなら消臭機でもよくなるので、換気扇の役割はずいぶんと少なくなっていきそうです。「なし」にすることも可能でしょう。

鍋のお店などで、「ステンレスの板を仕込んだ紙の鍋を机の上に置くだけで、沸騰し始める…」などと言う仕掛けを最近良く見かけます。
これもIHヒーターのなせる技。イリュージョンのようで楽しいだけでなく、炎で部屋も暑くなりすぎませんし、燃焼の上昇気流も発生しないので、煙や湯気でモウモウになることもありません。

なんかIHヒーターの宣伝のようになってしまいましたが、そんな違いが空間に生かせることを考えている所です。
 |  コラム一覧 |