株式公開のための法務  「株式上場のメリット・デメリット①」 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

フランテック法律事務所 
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

株式公開のための法務  「株式上場のメリット・デメリット①」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
株式公開(IPO)のための法務

株式公開のための法務
 「株式上場のメリット・デメリット①」


 株式上場(IPO)のメリットとデメリットを2回にわたって、ご説明したいと思います。

 株式上場の主なメリットとしては、①資金調達力の向上、②知名度の向上・信用力の増大、③創業者利潤の実現が挙げられます。

 まず、①資金調達力の向上についてですが、非上場企業の場合、親族や知人等の限られた株主からの出資や銀行等からの借入れを行うことにより資金調達を行うのが通常ですが、上場企業であれば証券市場を通じて株主を募ることで資金を調達することが可能になり、これにより資金調達力が飛躍的に向上します。

 また、②知名度の向上・信用力の増大についてですが、株式上場により株式市況欄をはじめマスコミを通じて広く企業名が知れ渡ることとなり、その結果、会社の信頼度が増し、事業を有利に進めることができるようになるほか、採用においても優秀な人材を確保することができるようになります。

 さらに、③創業者利潤の実現についてですが、株式上場によって創業者が所有している株式を市場で売却することが可能となり、創業者等のその会社の株式を所有する者が利潤を獲得できるようになります。

 次回は、株式上場(IPO)のメリット・デメリット②として、デメリットについてお話ししたいと思います。



フランテック法律事務所 弁護士 金井 高志

オフィシャルサイト[[http://www.frantech.jp]]
セミオフィシャル・ブログサイト[[http://www.frantech.biz]]
フランチャイズ本部サポート 〔〔http://www.fc-support.biz/〕〕
ソフトウエア・システム契約書サポート 〔〔http://www.software-law.biz/〕〕

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
フランテック法律事務所 

フランチャイズとIT業界に特化。最先端ノウハウで支援します

フランチャイズ本部と加盟店に対して、法的アドバイスでのお手伝いをしてきています。また、インターネット関連のベンチャー企業の事業展開のお手伝いもしています。特に、株式公開を目指すベンチャー企業のために、お手伝いができればと思っています。

カテゴリ 「株式公開(IPO)のための法務」のコラム

このコラムに類似したコラム