株式公開のための法務  「株式上場(IPO)の意義」 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

フランテック法律事務所 
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

株式公開のための法務  「株式上場(IPO)の意義」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
株式公開(IPO)のための法務

株式公開のための法務
  「株式上場(IPO)の意義


 今回から少しずつ、株式上場(IPO)について、ご説明していきたいと思います。

 株式上場とは、企業の発行する株式を誰もが自由に売買できるよう証券取引所において流通させることをいいます。株式上場は、IPO(Initial Public Offering)または単に上場と呼ばれています。

 株式上場は、まず、主幹事証券会社(※1)による上場申請にかかる審査を受け、その後、上場を目指す企業が各証券取引所に上場を申請し、証券取引所が上場審査を行い、上場を承認することで実現されるものです。そして、国内の証券取引所としては、東京、名古屋、札幌、福岡証券取引所の計4市場があり、東京証券取引所内には、第一部・第二部、マザーズ、JASDAQ、TOKYO PRO MARKETの4つの市場区分があります。日本には、約400万社もの会社が存在すると言われていますが、そのうち上記のいずれかの市場に上場している会社は約3600社程度しかありません(平成27年2月)。

 次回は株式上場のメリット・デメリットについてご説明したいと思います。


※1 主幹事証券会社…株式上場に関する指導や証券取引所との調整等を行う複数の幹事証券会社のうち主導的な役割を果たす証券会社



フランテック法律事務所 弁護士 金井 高志

オフィシャルサイト[[http://www.frantech.jp]]
セミオフィシャル・ブログサイト[[http://www.frantech.biz]]
フランチャイズ本部サポート 〔〔http://www.fc-support.biz/〕〕
ソフトウエア・システム契約書サポート 〔〔http://www.software-law.biz/〕〕

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
フランテック法律事務所 

フランチャイズとIT業界に特化。最先端ノウハウで支援します

フランチャイズ本部と加盟店に対して、法的アドバイスでのお手伝いをしてきています。また、インターネット関連のベンチャー企業の事業展開のお手伝いもしています。特に、株式公開を目指すベンチャー企業のために、お手伝いができればと思っています。

カテゴリ 「株式公開(IPO)のための法務」のコラム

このコラムに類似したコラム